『ストレッチで筋肉の柔軟性が向上する仕組みとは?』~練馬・江古田のパーソナル ジム~

【ストレッチで筋肉の柔軟性が向上する仕組みとは?】しなやかなボディを作るために、ストレッチを取り入れている方は多いのではないでしょうか。今回の記事は、『ストレッチによる筋肉の柔軟性向上のしくみ』です。『Trainer’s gym江古田店』所属パーソナルトレーナー清水優美恵がご紹介します!!

『ストレッチによる筋肉の柔軟性向上のしくみ』

筋肉の柔軟性が上がれば、血行が良くなり、代謝が良くなると聞きますね。

私はお風呂上りにストレッチをやるようにしています。

ストレッチを継続すると、筋肉の柔軟性が高まります。

では、なぜストレッチで筋肉が柔らかくなるのでしょうか。

今回は、ストレッチで筋肉が柔軟性が高まる仕組みを紹介したいと思います。

 

■ストレッチで筋肉の柔軟性が高くなるのは?

 

ストレッチにはいくつか種類がありますが、反動を使わずに筋肉をじっくり伸ばすストレッチを静的ストレッチと言います。

怪我の予防や疲労回復には静的ストレッチで柔軟性を高めると良いです。

ストレッチで筋肉を伸ばすと、2つのセンサーが働きます。

一つは、筋紡錘と呼ばれるもので、筋肉の末端から中央部に存在します。

筋紡錘は、急激に筋肉が引き伸ばされると反応し、筋肉を守ろうとして、筋肉を収縮させます。

この反応は伸張反射と呼ばれています。

ストレッチをゆっくりやるのは、この伸張反射を起こりにくくするためです。

そして、もう一つのセンサーは、ゴルジ腱器官と呼ばれるもので、筋肉と腱の境目に多く存在します。

筋肉に強い収縮を感じると、運動神経を抑制させ、筋肉の緊張を緩和し、脱力反応を引き起こします。

ストレッチを20秒~30秒程度行うのは、この反応をうまく利用するからです。

 

■お勧めのストレッチ方法

 

静的ストレッチは、やりすぎると、筋肉が過度に伸びやすくなってしまったり、筋力が低下してしまいます。

よって、10秒~30秒程度で留めておくのがポイントです。

センサーの働きを弱めるように、ゆっくり行いましょう。

1つの部位を長くストレッチするのではなく、色々な部位をストレッチすると良いです。

また、身体が温まっているお風呂上りに行うと効果が出やすいです。

 

■『ストレッチによる筋肉の柔軟性向上のしくみ』のまとめ

 

ストレッチは継続することで、柔軟性が向上します。

継続は力なりですね。

ダイエットやボディメイクも継続が大事です。

ただ、なかなか一人ですと、さぼってしまうことがあるかと思います。

そこで、是非パーソナルトレーニングを活用していただければと思います。

正しい方法で食事管理とトレーニングをすることで、一生太らない体を手に入れるのも夢ではありません

無料体験、無料カウンセリング、受付中です。

TRAINER’S GYM 江古田店「清水優美恵」をご指名いただければ幸いです!

 

———————————————————————

パーソナルジム『Trainer’s gymトレーナーズジム』では管理栄養士監修の栄養指導を行っております。
運動着やタオルの無料貸出、BCAA8種類とプロテイン13種類を無料提供しております。
パーソナルトレーニングの料金としては東京都内で格安の価格とご好評いただいております。
ダイエットやボディメイクにトライしてみませんか?
トレーニングが初めての方でも大丈夫です!
練馬・江古田パーソナル ジム『Trainer’s gym江古田店』までお越しください。
無料体験、無料カウンセリング随時受付けております。
江古田駅より徒歩1分、新江古田駅より徒歩5分、東京都練馬区栄町3-13 5階『Trainer’s gym江古田店』にてお待ちしております。

———————————————————————

パーソナルトレーナー江古田,パーソナルジム江古田,ジム江古田,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,清水優美恵

記事の担当者:清水優美恵

パーソナルトレーナー江古田,パーソナルジム江古田,ジム江古田,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,清水優美恵

『坂道を下りる方が筋肉の負荷が大きい?』柔軟性を高める

『坂道を下りる方が筋肉の負荷が大きい?』の記事はこちら。実は坂道を上るよりも下りる方が筋肉の負荷が大きい理由気になりませんか?


『秋の味覚で栄養を摂って健康になろう!』柔軟性を高める

『秋の味覚で栄養を摂って健康になろう!』の記事はこちら。栄養素が豊富な旬の食べ物、秋の味覚でお勧めの食べ物を紹介します。


『年齢は関係ない?トレーニングで筋肉を増やす!』柔軟性を高める

『年齢は関係ない?トレーニングで筋肉を増やす!』の記事はこちら。もう若くないからってトレーニングを諦めていませんか?気になる年齢と筋肉について書いています。