(ダイエット専門都立大学パーソナルジム) ボディーコンテストにおけるあんこの役割とは?

都立大学パーソナルジム「TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)」にパーソナルトレーニングをしております【佐藤 翔】がご紹介致します。 前回あんこについてご紹介し、ボディーコンテストで大会当日に食べる方が多いですがそれはなぜなのか?疑問が残りました。 今回はそちらを解説していきたいと思います!!

ボディーコンテストにおけるあんこの役割とは?

都立大学パーソナルジム「TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)」にパーソナルトレーニングをしております【佐藤 翔】がご紹介致します。

前回あんこについてご紹介し、ボディーコンテストで大会当日に食べる方が多いですがそれはなぜなのか?疑問が残りました。

今回はそちらを解説していきたいと思います!!

目次

1、なんでボディーコンテストで甘いものをとるの?

2、あんこがいい理由

3、最後に

1、なんでボディーコンテストで甘いものをとるの?

ボディーコンテストに出場する人の多くは大会当日によく甘い物や糖質の高いもの食べています。

最近はYouTubeなんかでもステージ裏のシーンもよく流れているので、
フィットネス系のYouTubeを見られている方は目にすることが多いのではないでしょうか。

大きな理由としては、
コンテストのステージ上でより大きなハリのある筋肉を見せれるように食べているのです。

なぜ大会当日に糖質をとると筋肉にハリが出るのか??

それは大会に出る方の多くは大会で筋肉にハリを出せるように『カーボディプリート』という調整方法をします。

『カーボディプリート』とは日本語訳すると糖質(カーボ)を枯渇(ディプリートさせる。
という意味です。

こちらを理解するためにはまず生理学について知っておかなければならないのですが、

普段、食事で糖質を摂取したときに体内で筋グリコーゲンという物質に変換され筋肉に蓄えられ吸収されます。

この筋グリコーゲンが筋肉のエネルギー源として働くのですが、吸収量に限界値があるので、使いきれない糖質は排出されるか脂肪へと蓄積されてしまいます

都立大学 パーソナルジム

しかし、体内の筋グリコーゲンを枯渇させた状態にすると、カラダの異常を感じた筋肉が、普段以上の筋グリコーゲンを吸収するモードに切り替わります

そのタイミングで糖質を大量摂取すると通常より多くの筋グリコーゲンを筋肉に蓄えることができて、結果的に筋肉のハリがうまれ筋肉を大きくみせることが出来るのです!
この枯渇させてから糖質を入れて筋肉をパンパンにハラせる方法を『カーボアップ』と言います。

 

都立大学 パーソナルジム

2、あんこがいい理由

ここまでで、大会当日に選手が糖質を摂取する理由について述べてきました。

ここでは、なぜあんこがいいのかこちらについて解説していきます!!

上記した『カーボアップ』は体重 × 18gの糖質を、2〜3日かけて摂取することが推奨されています。
その推奨量を取ると筋肉にハリが出てくるのです。

体重が50kgの人でも、900gの糖質を取らなければなりません。
900gはお米でいうとレトルトのパックで売っている「サトウのご飯」ありますよね、こちらが1パック200g入っていてその200gに糖質が75gほど入っています。
要するに「サトウのご飯」12杯分を2〜3日でとっていくというわけです。

1日4杯としてもお米だけ食べるのではなく、タンパク質(お肉)なども食べると考えると相当な量ですよね。。

大会当日にお米4杯も食べたらお腹パンパンでステージ上でお腹がぽっこりするなんてことも。。。

そこで登場するのが、あんこというわけです。
まずは成分から見ていきましょう。

※200g当たりの成分

炭水化物(糖質)脂質タンパク質
ご飯74.20.65
あんこ98.40.88.8

 

先程「サトウのご飯」を例としましたので、200gで比較してみました。

これだけみても同じ量ならあんこの方が多く糖質をとれることが分かります。
この表から分かるように大会当日の忙しいスケジュールの中、簡単に多くの糖質量をとることができるので、皆さんあんこをとっているのです!!

また、前回記事でもあんこにはミネラルが多く含まれていると記述したように、筋肉が攣りにくくなるのです。

今回比較しやすいように200gのあんこで書かせていただきましたが、200gを準備するのは少し面倒ですよね。
そんな方には羊羹がおすすめです。
羊羹1個当たり糖質が38g入っていますし、お値段も100円とお手軽価格!!

あんこをとると、大会当日にミネラルもとれて、糖質たっぷりのあんこをとって筋肉にハリを出し、完璧な体でステージに立てるというわけです。

都立大学 パーソナルジム

3、最後に

ボディーコンテストとあんこの関係性についていかがでしたか。

大会当日に最終手段的にあんこをとって筋肉をハラせることができるというわけなのです。

この方法はあくまで、大会までに『カーボディプリート』をできているから効果的なので、
調整がうまくできていないと体が浮腫んでしまう可能性もあるのでご注意ください。

これから大会に出たいなと思っている方はぜひ参考にしてみてください!!

最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらの記事は、イエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)』都立大学店にてパーソナルトレーナーをしております【佐藤翔】がご紹介致しました。
Instagramでも、食事、筋トレの情報を発信してます!
ぜひご覧ください。

——————————————————————–

『Trainer’s gymトレーナーズジム都立大学』では管理栄養士監修の栄養指導を行っております。

運動着やタオルの無料貸出、BCAA8種類とプロテイン13種類を無料提供しております。

パーソナルトレーニングの料金としては東京都内で格安の価格とご好評いただいております。

都立大学でダイエットやボディメイクにトライしてみませんか?

トレーニングが初めての方でも大丈夫です!

最後のダイエットにしませんか?

都立大学パーソナル ジム『トレーナーズジム都立大学』までお越しください。

無料体験、無料カウンセリング随時受付けております。

都立大学駅より徒歩2分、〒152-0031東京都目黒区中根2−14-16『トレーナーズジム都立大学店』にてお待ちしております。

———————————————————————

パーソナルトレーナー駒沢大学,パーソナルジム駒沢大学,ジム駒沢大学,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,佐藤翔

記事の担当者:佐藤翔

 

パーソナルトレーナー駒沢大学,パーソナルジム駒沢大学,ジム駒沢大学,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,佐藤翔
都立大学パーソナルジムのキャンペーン

その他【佐藤】記事

メンタルコントロール三大神経伝達物質とは??『ドーパミン』(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

メンタルコントロール三大神経伝達物質とは??『ドーパミン』(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

メンタルコントロール三大神経伝達物質とは??『ドーパミン』

前回記事までで三代神経物質についてまとめていきました!
今回はこちらの最後になります、”ドーパミン”についてまとめていきます!

メンタルコントロール三大神経伝達物質とは??『セロトニン』 (ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

メンタルコントロール三大神経伝達物質とは??『セロトニン』 (ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

メンタルコントロール三大神経伝達物質とは??『セロトニン』

前回に引き続き今回も神経伝達物質についてを記述していきます!!
今回は幸せホルモンとも言われるセロトニンについてまとめていきますので、最後までご覧ください!!

メンタルコントロール三大神経伝達物質とは??『ノルアドレナリン』(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

メンタルコントロール三大神経伝達物質とは??『ノルアドレナリン』(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

メンタルコントロール三大神経伝達物質とは??『ノルアドレナリン』

皆さん最近メンタル整ってますか?
特に筋肉をつけたいというあなたにはぜひメンタルをコントロールすることでより
成長速度が上がっていくこともあるので今回はそちらについてまとめていこうと思います!!

最近流行りのシトルリンって何??(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

最近流行りのシトルリンって何??(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

最近流行りのシトルリンって何??

皆さんシトルリンってご存知でしょうか?
アミノ酸の一つになるのですが、ボディーメイク界隈で注目を集めています!!
では一体どんな効果があるのかみて行きましょう

成長ホルモンの分泌を高めるアミノ酸アルギニンってなに?(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

成長ホルモンの分泌を高めるアミノ酸アルギニンってなに?(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

成長ホルモンの分泌を高めるアミノ酸アルギニンってなに?

アルギニンはアミノ酸の一つで、体内でも合成されるため、非必須アミノ酸になります。
体内でも生成されるアミノ酸が近頃注目を浴びています。
では実際にどんな効果があるのか見て行きましょう!

サプリメントの危険性② (ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

サプリメントの危険性② (ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

サプリメントの危険性②

前回サプリメントの危険性について記述させていただきました。
今回は実際にどんな危険性があるのか、どれをとりすぎるとよくないのかをまとめていきたいなと思います。