(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)健康美・ダイエットの秘訣!~適切な水分摂取とその効果~

日常的に行われる水分摂取ですが、実はその実施方法でダイエット効果や健康効果を高目ることができます。正しい実践方法によってその効果は得られますので、是非『健康美・ダイエットの秘訣!~適切な水分摂取とその効果~』をご覧いただき、ダイエットにご活用頂ければ幸いです。こちらの記事は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております、松尾朋紀がご案内致します。

健康美・ダイエットの秘訣!~適切な水分摂取とその効果~

日常的に行われる水分摂取ですが、実はその実施方法でダイエット効果や健康効果を高目ることができます。正しい実践方法によってその効果は得られますので、是非『健康美・ダイエットの秘訣!~適切な水分摂取とその効果~』をご覧いただき、ダイエットにご活用頂ければ幸いです。こちらの記事は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております、松尾朋紀がご案内致します。

水の働きと必要性

水の画像

まずは水の必要性と働きについて見ていきたいと思います。

私たち身体は約55~60%程が水分で構成されています。主に脳や筋肉、各種臓器や組織の水分含有量は80%と比較的多く含まれていることから、水分不足が身体の機能を鈍化させる危険があることは理解できます。身体の大半を占める水分ですが、これらは以下のような3つの役割を主に果たしています!

 

❶物質の溶解

食事中に含まれる栄養素は吸収しやすいように各種分解酵素によって分解されて代謝されます。その代謝の反応は実は水に溶けた状態で行われるため、溶解に役立っているといえます。

 

❷物質の運搬

代表的なものとしては血液やリンパ液があり、必要な栄養を全身に運ぶ役割を担っています。また不要になった老廃物を尿路して排泄する役割もあります。

 

❸体温調節

水は比熱の高い物質で、温まりにくく、冷めにくいという性質があります。そのため人間の恒常性として体温を一定に保つのに優れています。

 

上記のような役割が水分にはあるため、水分摂取は疎かにせずにしていきたいところですね!

水分出納バランスとは?

疑問を浮かべる女性

ここからは「水分出納バランス」について見ていきます。

水分出納バランスとは、【体外に排泄される水分量】【体内に取り入れられる水分量】のバランスを表したもののことを言います。

 

このバランスは

【摂取量】≧【排泄量】

である必要があります。

 

この関係が反転するような状態を「脱水」と言いますが、脱水が激しい場合は①筋肉のけいれんから始まり、②めまいや吐き気と移行し、最終的には③意識消失などを起こし、最悪の場合死に至る可能性もありますので注意が必要となります。

では実際の【排泄量】はどれほどあるのかをここから見ていきます。

 

身長や体重などにより多少の変動はあるものの一般に身体機能異常がない人の場合は、

・尿量:1500ml

・便 :200ml

・呼気や皮膚蒸発:900ml

・代謝に使われる:350ml

といわれており、合計で約2250mlは体外に排泄されているといわれています。

 

ここに運動する人や発熱者、暑熱下で活動する方であればさらに発汗量などが追加されるため、2500~3000mlは体外に排泄されているといわれております。つまり水分出納バランスを正常に保つためには最低でも2250ml(状況により2500~3000ml)の水分摂取を必要とすることがわかるのです。

水分摂取の目安

中間の目安

よく「2ℓは飲みましょう!」という声を聴きますが、実際どれほどの量を摂取していけばよいのでしょうか?

成人の場合は以下のような基準が研究データから算出されています。

 

【年齢別水分必要量】

・30歳未満:体重×40ml

・30~55歳:体重×35ml

・56歳以上:体重×30ml

私の場合は22歳体重75㎏ですので、75×40=3000mlとなります。これに加えて運動による発汗量なども多いため3000ml以上は確実に必要になってくるといえます。

 

ここで2ℓの話が出てくるのですが、「足りないではないか!」と思われた方もいるかと思います。

しかしながら、あながちこの2ℓという数字は間違えていないといる根拠があります。

それが食事からの水分摂取が含まれる点です。一般的に人間は食材などから1ℓ程水分を摂取しているといわれております。そのため3ℓ必要とされていても、そのうちの1ℓは食事が補えているのです!(もちろん対格差によって食事量なども異なるため、1ℓを補えていない方もいます。)

よってこの2ℓという数字は正しいといえますが、あくまで最低ラインを死守する上での摂取目安となりますので、水分摂取による恩恵を受けるには2ℓよりも多く意識的に摂取していくことが大切になるでしょう!

 

ここまでは水分摂取の目安や水の役割について見ていきましたが、実際にどのような恩恵を受けることができるのかをまだ紹介していませんので、ここからは実際の恩恵についてお話いたします!

水分摂取による恩恵

恩恵を受ける女性

主な恩恵としては3つが挙げられますのでいかに説明していきます。

 

➀肌トラブルの防止

先ほど【年齢別水分必要量】でも確認したように、年齢を重ねると細胞内の水分量が低下するため、最低ラインの必要量は少なくなります。細胞内の水分量が低下すると、「肌荒れ」や「小じわ」「くすみ」などが現れやすくなりますのでうまく補ってあげる必要があります。細胞内の水分量が少なくなってしまうことを補うためには、水分を外部から摂取して体内から潤してあげることしかできませんので、これらの肌トラブルを未然に防ぐためにも水分の摂取は重要となります。

 

➁血流改善と代謝

血液の80%は水分で構成されているため、水分が不足すると血液がドロドロになり循環が悪くなってしまします。この状態が続いてしまいますと糖尿病や高血圧、心筋梗塞、脳梗塞につながる可能性が非常に高まります。充分な水分摂取がされている場合、約90%もの脳卒中を予防できるという研究結果も出ているほどですので、自らの身を守るためにも水分摂取は重要になります。また健康効果としては、血液の循環がよくなることで身体各所への栄養や酸素供給がスムーズになることで多少ではありますが代謝が上がるという期待ができます。ある実験では水分摂取の量を1.5時間おきに500mlの水分を摂取した場合に、エネルギー代謝量として3~5kcal上昇したという結果が出たおります。大した上昇ではないと感じる方も多いかと思いますが、18時間ほど活動している人間にとっては1日に60kcalほども水を摂取するだけで消費できるというのは嬉しいエネルギー消費ではないでしょうか?

 

➂便秘解消

便秘は水分不足によって便が硬くなっている場合やダイエットなどで代謝が落ちた関係で腸の働きが弱っていると発生しやすくなります。そのため便を柔らかくして腸の働きを強く必要としない環境を整えてあげることで解消が期待できます。(併せて食物繊維の摂取も意識できるとベストです!)

 

以上のような効果が期待できます。疾病予防から日常生活におけるちょっとした悩みまで解決する可能性を秘めていますので、是非意識的な水分施主を心がけて参りましょう!

 

ちなみに摂取のタイとしてミングは、

・起床時(夜間に失われた水分を取り戻す)

・各食事の際(無理なく摂取しやすい)

・運動前後(失われやすいタイミングで予防)

・就寝前(夜間に過度の脱水を起こさない)

・喉が渇く前に適度に(1時間おき程にこまめにコップ一杯)

がおすすめですのでご参考までに!

まとめ

スタートを切る人

水分摂取というと当たり前の活動のようですが、1日に2ℓ以上の水分を摂取できている人は15%程しかいないという調査結果も出ております。まだ他の人ができていないからこそ、今この記事を見ていただいた方にはいち早く優れた水分摂取を取り入れ、まだ出来ていない方よりも素敵な健康効果を手に入れていただければ幸いです。比較的簡単に行えてお金もかからないことですので、一緒に取り入れていければ嬉しい限りです。健康だけでなく、自分に合ったダイエットの方法を知りたい!本気で体を変えたい!ダイエットを成功させたい!という方は是非ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER‘S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングを実施しております、松尾朋紀までご相談ください。無料体験も行っていますので、お気軽にお越しくださいませ。

こちらの記事は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております、パーソナルトレーナー松尾朋紀がご紹介致しました。次回の記事もお楽しみに!

——————————————————————— 

『トレーナーズジム駒沢大学』では管理栄養士監修の栄養指導を行っております。 

運動着やタオルの無料貸出、BCAA8種類とプロテイン13種類を無料提供しております。 

パーソナルトレーニングの料金としては東京都内で格安の価格とご好評いただいております。 

駒沢でダイエットやボディメイクにトライしてみませんか? 

トレーニングが初めての方でも大丈夫です! 

最後のダイエットにしませんか? 

世田谷・駒沢大学パーソナル ジム『トレーナーズジム駒沢大学』までお越しください。 

無料体験、無料カウンセリング随時受付けております。 

駒沢大学駅より徒歩2分、〒154-0012 東京都世田谷区駒沢11312『トレーナーズジム駒沢大学』にてお待ちしております。

———————————————————————

パーソナルトレーナー駒沢,パーソナルジム駒沢,ジム駒沢,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,松尾ともき

記事の担当者:松尾ともき

パーソナルトレーナー駒沢,パーソナルジム駒沢,ジム駒沢,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,松尾ともき
駒澤大学パーソナルジムのキャンペーン

その他【松尾】記事

ダイエット・筋肥大に効果的!~シナモンの秘密~(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

ダイエット・筋肥大に効果的!~シナモンの秘密~(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

ダイエット・筋肥大に効果的!~シナモンの秘密~

「シナモン」と聞くとお菓子などに使われているイメージから太ってしまうのではないかというイメージが大きいと思われます。しかしながら「シナモン」にはダイエットや筋肥大に良い効果を多く持ち合わせている食品です!是非『ダイエット・筋肥大に効果的!~シナモンの秘密~』をご覧いただき、ダイエットにご活用頂ければ幸いです。こちらの記事は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております、松尾朋紀がご案内致します。

減らすダイエットから補うダイエットに!VOL.3~亜鉛の重要性~(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

減らすダイエットから補うダイエットに!VOL.3~亜鉛の重要性~(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

減らすダイエットから補うダイエットに!VOL.3~亜鉛の重要性~

ダイエットと聞くと「減らしていく」と考える方も多いかと思いますが、実は成功の秘訣には栄養素を補うことも大切です。是非『減らすダイエットから補うダイエットに!VOL.3~亜鉛の重要性~』をご覧いただき、ダイエットにご活用頂ければ幸いです。こちらの記事は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております、松尾朋紀がご案内致します。