(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)腹筋とダイエット

夏までに腹筋を割るをテーマに記事を書かせて頂きました。 お腹周りをスリムに、あわよくば割れた腹筋を手に入れるために、今からトレーニングと食事コントロールを同時に行っていきましょう。夏はもうすぐそこまで来ています。ぜひこちらの記事を見て頂き、ダイエットや健康管理にご活用ください! ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております【助政桂多】がご紹介致します。

まだ間に合う夏に向けて腹筋を割りましょう!

一生に一度は腹筋を割ってみたいと思っている方は少なくないのではないでしょうか。こんな面白い統計があります。18歳以上の男女別を対象に男性の鍛えたい筋肉と女性が鍛えたい筋肉をそれぞれ調査したもので、なんとどちらも1位が「お腹」2位が「脚」という結果でした。


太ってしまうと顕著に服のサイズに影響が出てしまう箇所を鍛えたいと考えている人が多い印象です。また、お腹周りが顕著に見えてしまう水着などを着た時に、引き締まった印象を与える部位ですし、男性で言えば6個に割れた腹筋に憧れ抱く方が多いといえます。


夏までにお腹をスリムに、あわよくば割れた腹筋を手に入れるために、今からトレーニングと食事コントロールを同時に行っていきましょう。
一人でも多くの方にこの記事がお役に立つことを願っております。


ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております【助政桂多】がご紹介致します。

 

 

腹筋

目次

・割れた腹筋は生まれ持った構造って知っていますか。

・生活の見直し&改善が、腹筋を割るための第一歩!

 

上記の内容で展開しています。最後までお読みいただけると幸いです。

割れた腹筋は生まれ持った構造って知っていますか。

くびれ

そろそろ夏に向けて色々計画を立てる時期になってきました。暑くなるにつれて、洋服も薄着になり、肌の露出も多くなってきますよね。

海やプールでお腹周りを披露するなんて事もあるかもしれません。

 

そんな時、ぽっこりお腹やだらしないボテッとしたお腹だと、ついつい隠してしまいたくなると思います。

でも、安心して下さい。実はあなたの腹筋はすでに割れているのです。

 

はっ?どういう意味と心の中で思った方は、ぜひこの続きを読んで頂ければ、

腹筋を割ることは難しいことではない、と感じていただけると思います。

 

腹筋の大部分を占める縦長の部分を腹直筋と言います。初めて聞いたという人も中にはいるかも知れません。

腹直筋は肋骨から恥骨までを繋ぐ長い筋肉です。その長い筋肉を分断するように、縦と横に筋が通っています。

 

縦すじを「白線」、横すじを「腱画」と呼びます。このような構造を分節構造といい、皆さんも良く知っています仮面ライダーのお腹をイメージしていただけると分かりやすいかと思います。他にも昆虫や甲殻類、哺乳類にも、この分節構造が備わっています。

 

この縦の「白線」によって左右2つに分かれ、さらに横の「腱画」によって複数に分かれています。

よく4パック、6パック、8パックと腹筋が何個に分かれているかで、呼び名が変わりますが、これは個人差があって持って生まれた腱画の数の違いと言われています。ちなみに私は6パックです^ ^

 

さて、この分節構造は生き物が持って生まれた体の構造です。

ということは、メタボの上司もふくよかなマダムも、ぽっちゃり彼氏・彼女も、みな等しく腹筋は分かれていますので同じです。

 

なのになぜ、仮面ライダーのように腹が割れて見えないのかといえば、お腹周りにたっぷりと蓄えられた脂肪のせいなのです。

この脂肪を取り除くことができれば、きれいに腹筋の筋が見えてくるはずですよね。

 

よって正確には腹を「割る」という表現は厳密に言うと正しくはありません。

腹の筋を際立たせるために脂肪を減らす、とでも言いましょうか。断言します。「ご安心下さい、あなたの腹筋はすでに割れています」と。

生活の見直し&改善が、腹筋を割るための第一歩!

ペアトレーニング

学生時代を思い出して見て下さい。学校の往復を自転車で通学、部活の練習や大会、体育にバイトに遊びなど、かなりのエネルギーを消費していたのではないでしょうか。どれだけ食べても太らなかったのは、摂取エネルギーが消費エネルギーよりも少ない、もしくは同じぐらいであったからです。

 

それが社会人になり、通勤は電車や車、運動は月に一度の会社のクラブ活動だけ、仕事の付き合いでの飲みが多くなり、食べるものも炭水化物と脂っこい揚げ物など、消費エネルギーが減っているのに、摂取エネルギーは増えるいっぽう、これでは脂肪が増えるのも無理はありません。

 

これは、生活習慣の根本から改善していく必要があります。

まず皆さんが思いつくことは筋力トレーニングで、腹筋をガシガシやることではないでしょうか。

 

そして1週間、2週間、1ヶ月、3ヶ月と継続して頑張ってみる、しかし一向に腹筋は割れません。

なぜなら、筋トレだけでは脂肪は減らないからです。

 

もう一つは、食事制限や有酸素運動などで、脂肪燃焼に励みます。すると、数ヶ月でうっすら腹筋に筋が見えてきます。

おお、割れてきたと喜ぶのは時期尚早です。なぜなら、これはただのガリガリと紙一重だからです。

 

どうせなら健康的に引き締まって見えるかっこいい腹筋にしたいですよね。

腹筋を割るための第一歩、それは生活習慣の見直しと改善をすること。同時に筋力トレーニングと食事コントロールを、期間を定めて実施することです。

 

ここでは簡単に話しますが、筋力トレーニングは最低週1回、時間や場所を決めて行いましょう。

週1回の場合は全身を満遍なくトレーニングし、週2回以上できる場合は上半身の日、下半身の日と分割して行うことをおすすめします。

 

その他、通勤時の移動も運動に変えましょう。例えば、ただ歩くのではなく大股で速歩きをする、エスカレーターを階段にかえて登る、電車はつり革に捕まらずに、両足でバランスを取りながら体幹を鍛えるなど、日々の行動を変えることでも、消費カロリーは格段に増えます。

 

食事に関しても、糖質制限をするか、脂質制限をするかで、食べる内容が変わりますので、細かい事はここでは割愛しますが、大切なことは摂取カロリー<消費カロリーにすることです。しかし、過度な食事制限は、栄養不足になり体調に異常をきたす恐れがありますし、筋肉が落ち、基礎代謝が下がることで、リバウンドを招く恐れもあります。

 

栄養バランスやボリューム、食べるタイミングなど大切な事がたくさんあります。

そして、トレーニングだけ、食事だけとどちらかに偏ることなく、健康的に腹筋を割るためにも、どちらも同時に行うW割を推奨します。

 

正しい方法でダイエットをするために、ぜひ知識を持ち、個々にあった的確なアドバイスのできるパーソナルトレーナーを頼っていただけると幸いです。

最後に

天秤の絵

『まだ間に合う夏に向けて腹筋を割りましょう』はいかがでしたでしょうか。

この記事が参考になれば大変うれしく思います。

 

こちらの記事は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)』駒沢大学店にてパーソナルトレーニングをしております【助政桂多】がご紹介致しました。

 

次回の記事も是非お楽しみに!最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました!

 

こちらの記事は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております、パーソナルトレーナー助政桂多がご紹介致しました。次回の記事もお楽しみに!

———————————————————————

『トレーナーズジム駒沢大学』では管理栄養士監修の栄養指導を行っております。

運動着やタオルの無料貸出、BCAA8種類とプロテイン13種類を無料提供しております。

パーソナルトレーニングの料金としては東京都内で格安の価格とご好評いただいております。

駒沢でダイエットやボディメイクにトライしてみませんか?

トレーニングが初めての方でも大丈夫です!

最後のダイエットにしませんか?

世田谷・駒沢大学パーソナル ジム『トレーナーズジム駒沢大学』までお越しください。

無料体験、無料カウンセリング随時受付けております。

駒沢大学駅より徒歩2分、〒154-0012 東京都世田谷区駒沢1−13-12『トレーナーズジム駒沢大学』にてお待ちしております。

———————————————————————

駒沢大学パーソナルジムのキャンペーン

その他【助政】記事

習慣と能力(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

習慣と能力(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

結果を得たいなら能力よりも習慣を身に付けましょう

皆さんはこれまで、「自分には出来ない」、「能力やセンスがないから諦める」、など何かを始める前からそうやって決めつけていることなどはありませんか。能力よりも習慣を身に付ける方が結果に結びつきやすく、「習慣が10割を締める」「習慣が最強」と言っても過言ではないです。今回はそんな習慣の身に付け方について詳しくお話していきます。ぜひ、最後までお付き合い下さい。一人でも多くの方にこの記事がお役に立つことを願っております。ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております【助政桂多】がご紹介致します。

ストレスと健康(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

ストレスと健康(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

ストレスと健康の関係性について

現代の日本はストレス社会であり、仕事や人間関係などで常に多くのストレスが掛かり続け、うつ病や様々な体調の変化に繋がります。今回はそんなストレスの仕組みや解消方法について、詳しくお話していきます。ぜひ、最後までお付き合い下さい。一人でも多くの方にこの記事がお役に立つことを願っております。ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております【助政桂多】がご紹介致します。

睡眠の質(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

睡眠の質(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

健康には睡眠時間と質が大切です

皆さんは日々の生活の中で、疲れが取れない、謎の不調がある、頭痛、いらいら、日中ボーッとするなどを、なんだか毎日イマイチな状態で過ごしていませんでしょうか。今回は睡眠時間と睡眠の質について、詳しくお話していきます。ぜひ、最後までお付き合い下さい。一人でも多くの方にこの記事がお役に立つことを願っております。ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております【助政桂多】がご紹介致します。

関節可動域とダイエット(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

関節可動域とダイエット(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

関節可動域とダイエットの関係性について

何故ダイエットにおいて関節可動域を広げることが重要なのかをまとめてみました。関節可動域の重要性を知らないと、ダイエットの時に、効率よく最短で理想の体になる事が出来ません。また、思わぬ怪我や身体バランスの崩れにも繋がりかねません。これでは本末転倒ですよね。しかし、もう安心して下さい。この記事を読めば、きっと解決できます。一人でも多くの方にこの記事がお役に立つことを願っております。ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております【助政桂多】がご紹介致します。