口内炎におすすめしたい食材(ダイエット専門駒沢大学パーソナル ジム)

様々なストレスや栄養不足などでできやすい『口内炎』。今回は口内炎のできる原因から予防するためのにおすすめの栄養素や食材についてお話します。是非、口内炎を予防する食材を知って、いつまでも楽しく食事していきましょう!こちらの記事は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)』駒沢大学店にてパーソナルトレーニングをしております、小野厚太朗がご案内致します。

口内炎におすすめの食材

様々なストレスや栄養不足などでできやすい『口内炎』。今回は口内炎のできる原因から予防するためのにおすすめの栄養素や食材についてお話します。是非、口内炎を予防する食材を知って、いつまでも楽しく食事していきましょう!こちらの記事は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)』駒沢大学店にてパーソナルトレーニングをしております、小野厚太朗がご案内致します。

1.口内炎とは

口内炎

口の中の粘膜に生じる炎症の総称を口内炎と言います。主に頬の内側をはじめとする広い範囲に発生する炎症で、多くが痛みを伴います。原因や部位によって種類は様々です。

【アフタ性口内炎】-疲労・ストレスが原因

口内炎の中で多い種類で、ストレスや疲労により免疫力が低下してできる口内炎です。栄養バランスの乱れ、睡眠時間の不足なども、アフタ性口内炎ができる原因となると言われていますが、はっきりとした原因は分からないようです。

【カタル性口内炎】-外傷が原因

外傷や熱傷などによりできる口内炎です。頬の内側を噛んでしまった場合、合わない被せ物・入れ歯や矯正装置が粘膜に触れてできた傷や、熱・薬品などによる刺激などが原因となります。

【ウイルス性口内炎】-ウイルスが原因

ウイルスが原因でできる口内炎です。原因となるウイルスには、カンジタ菌や単純性ヘルペスウイルスなどがあります。粘膜に小さな水ぶくれができ、破れると潰瘍ができます、他の口内炎に比べて痛みが強く、発熱や倦怠感を伴う場合があるそうです。

どのような種類かを知っていることは大切ですが、口内炎を甘く見ずに病院で診てもらうことをおすすめします!

今回は、ストレスや疲労が原因の【アフタ性口内炎】を中心とした予防策やおすすめの食材をご紹介します。駒沢大学のダイエット専門パーソナル ジムのパーソナルトレーナーですが、ダイエットだけでなく口内炎に対する対策もご提案できればと思っております。是非、ご覧ください!

2.口内炎に必要な栄養素

口内炎に必要な栄養

『ビタミンB群』を摂取しよう!

栄養素バランスがしっかり摂れた食事が一番ですが、その中でもおすすめなのが『ビタミンB2』『ビタミンB6』です。です。特におすすめなのが『ビタミンB2』と『ビタミンB6』です。

『ビタミンB2』が不足すると、口内の炎症、唇のひび割れなどの原因なります。ビタミンB2は食事で摂った栄養をエネルギーに変換される時に使われるため、疲労や激しいトレーニングなどで大きく失われます。

ダイエット中の人は、食事制限に加え運動も取り入れている方が多いと思いますので、ビタミンBが損なわれやすい状態なので注意です。

『ビタミンB6』が不足すると、細菌の影響を受けやすくなり、口内炎なりやすくなってしまいます。また、神経組織や免疫機能に影響する成分なので、ストレスにより必要量が増すことで不足気味になり、口内炎ができやすくなります。

3.口内炎におすすめの食材

口内炎におすすめの食事材

【口内炎におすすめの食材①】ビタミンB2を多く含む食材

牛・豚・鶏のレバー、いかなご、うなぎ、いわし、さば、ウニ、納豆、いくら、まいたけ、干ししいたけ、モロヘイヤ、パルメザンチーズ、カマンベールチーズなど

【口内炎におすすめの食材②】ビタミンB6を多く含む食材

ニンニク、マグロ、カツオ、サンマ、サバ、サケ、鶏肉、酒粕、ピスタチオ、抹茶、ゴマなど

【口内炎におすすめの食材③】水分を多く含むもの

乾燥しているものやパサパサした食べ物は、口内炎の部分やお口の中を傷つけやすいです。魚は焼き魚よりも煮魚、野菜も炒め物より煮物や汁物で摂取するのがおすすめです。

【口内炎におすすめの食材④】やわらかいもの

煮物など水分を多く含むだけでなく、そのものが柔らかい食べ物、口の中でほぐれても口内炎を傷つけないようなものがおすすめです。

4.最後に

口内炎におすすめの食材はいかかでしたでしょうか。ビタミンB2とB6を多く含む食材と口の中を刺激しないやわらかいものを意識して食べてみて下さい!ダイエット中など制限されている方や食事管理が難しい人はサプリメントの活用も考えてみるといいかもしれません。是非、ご自身のライフスタイルに合わせて食事方法や運動方法を知りたい方は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)』駒沢大学店にてパーソナルトレーニングをしております、小野厚太朗にご相談下さい!

ダイエット専門パーソナルジム『TRAINERS GYM(トレーナーズジム)』駒沢大学店にてパーソナルトレーニングをしております、小野厚太朗がご紹介致しました。次回の記事もお楽しみに!

パーソナルトレーナー駒沢,パーソナルジム駒沢,ジム駒沢,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,小野厚太郎

記事の担当者:小野厚太朗

パーソナルトレーナー駒沢,パーソナルジム駒沢,ジム駒沢,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,小野厚太郎
駒沢大学パーソナルジムのキャンペーン

その他【小野】記事

筋トレ中に『筋肉をつる』を予防する方法

筋トレ中に『筋肉をつる』を予防する方法の画像

筋トレ中に『筋肉をつる』を予防する方法(駒沢大学パーソナルジム解説)

『筋肉がつる』経験は誰にでもあると思います。筋トレ中に筋肉がつってしまっては、トレーニング効果が下がり、重い腰を上げてジムに行ったのに途中で帰るなんてことにもなりかねません。『筋肉がつる』仕組みや原因、そして予防する方法をみて是非、日々のトレーニングにお役立てください!こちらに記事はパーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております、小野がご紹介します。

筋トレの効果を上げる『パイナップル』とは

筋トレの効果を上げる『パイナップル』とはの画像

筋トレの効果を上げる『パイナップル』とは(駒沢パーソナルジム解説)

筋トレの効果を上げるには、正しい食材選びが必須です。その中で今回おすすめするのは『パイナップル』です。パイナップルが筋トレの効果を上げる訳と、その効果を落とさないための食べ方までご紹介します。筋トレ初心者から上級者にとっても為になる情報です。是非ご自身のスキルアップの為に是非ご活用ください!こちらの記事は、パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)』駒沢大学店にてパーソナルトレーニングをしております、小野がご紹介致します。

頚反射を使った筋トレとは?(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)

頚反射を使った筋トレとは?(ダイエット専門駒沢大学パーソナルトレーニング ジム)の画像

頚反射を使った筋トレとは?

ジムで時折、力を入れる時に顎や首を動かしながら、上手く重りを上げている方を見たことがありませんか?実はその正体は、頚反射を使った高度な筋トレテクニックかも知れません。是非、『頚反射を使った筋トレとは?』を見てあなたも頚反射の使って、筋トレ効果をアップしていきましょう。こちらの記事は、ダイエット専門パーソナルジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』にてパーソナルトレーニングをしております、小野厚太朗がご案内致します。

ホットプロテインの正しい飲み方【駒沢大学パーソナルトレーニングジム解説】

ホットプロテインの正しい飲み方【駒沢大学パーソナルトレーニングジム解説】の画像

ホットプロテインの正しい飲み方【駒沢大学パーソナルトレーニングジム解説】

寒い季節、プロテインを冷たい水で飲むのは結構大変です。そんなとき、ホットで飲みたいけど、大丈夫??と思ってしまいますよね。こちらでは、プロテインができる工程や加熱の影響について、また上手な飲み方についてご紹介致します。これを見て、寒い時のトレーニングも頑張っていきましょう!パーソナルトレーニングジム『TRAINER'S GYM(トレーナーズジム)駒沢大学』でパーソナルトレーニングをしております、小野厚太朗がご紹介致します。