知られざる「チアシード」の栄養価とそのダイエット活用方法(駒沢パーソナルトレーナー解説)

ダイエットに効果的知られざる「チアシード」の栄養価とその活用方法を駒沢パーソナルトレーナーが解説

スーパーフードの代表ともいえる「チアシード」名前は聞いたことがある、

ダイエットや身体に良いとも聞いたことがあるけれど、具体的にどんな効果があるかは分からない、、、

また、どうやって食べたらいいのか分からないという方が大半ではないでしょうか?

今回は、チアシードの栄養成分や食べ方・アレンジ方法など駒沢大学パーソナルジム「Trainer’s Gym トレーナーズジム」のスタッフ吉村が説明していきましょう。

「チアシード」とは

穀物

チアシード」とは、チアというシソ科の植物の種子のこと。

一見するとゴマのような形状の小さな種子

小さいけれど栄養素は満点です!

チアシードには2色あるのはご存知でしょうか?

黒いチアシードと白いチアシードです。

黒いチアシード(ブラックチアシード)は、まさしくゴマのような形状の種子。

本来チアシードは黒い色をしているのですが、栄養価の高いものだけを選別し、品種改良したものが白いチアシードなのだそうです。

また、ホワイトチアシードは栄養素が黒のものよりも高く、水を吸って膨らむ大きさも黒いものに比べて14倍大きく膨らむとされています。

腹持ちの良さからダイエット効果を高めたい、また高い栄養価を求める場合は白いチアシードを選ぶと良いですよ!

チアシードの栄養成分

食材

・オメガ3系脂肪酸

・αリノレン酸

・必須アミノ酸

・ビタミン、ミネラル、食物繊維、カルシウム、リン、カリウム、鉄分、亜鉛、マグネシウムなど

特に注目したい点は、体内で作ることができない「必須アミノ酸」と「オメガ3脂肪酸」、また食物繊維を多く含んでいる点です。食物繊維の補給はダイエット中に気をつけていきたいポイントの一つですね!

またオメガ脂肪酸はアンチエイジング効果が期待できるといわれており女性にも男性にとっても是非補っていきたい成分です!

味は無味無臭です。

水などの液体に入れると水分を吸収して膨らみ、ゼリー状になる為少量の使用でも満腹感を感じることができます!

お勧めアレンジ方法

チアシード

「チアシード」の基本的な食べ方は

①そのまま(生のまま)

②水分にふやかして食べる

このどちらかです

そのまま食べる際はヨーグルトやサラダ、またはクッキーやパンに混ぜ込んで使用しても良いでしょう!

加熱する際の注意点は種子を潰して使用しないこと!

チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸は熱に弱い為殻に守られている状態での加熱は成分が破壊されづらいのですが

潰してから加えてしまうと酸化の原因になります。

水分にふやかして使用する際は、ヨーグルトや牛乳、豆乳などに一晩ふやかした状態で翌朝そのまま食べるか

シリアルのトッピングやオートミールのトッピングなどに最適です!

もちろん水でふやかしそのまま飲んでしまっても大丈夫。

無味無臭の為手軽に栄養補給ができます。

その際は粒の小さなブラックチアシードの使用をお勧め致します。

最後に、

このようにダイエットと健康に効果抜群な「チアシード」

お通じに悩んでいる人や忙しい人にうってつけ。

また、無味無臭で様々なアレンジができるので、飽きずに食べることができ手軽に栄養補給ができそう!様々な味を試しながら自分に合ったアレンジ法で、「チアシード」を毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

痩せるお食事法についてもっと気になった方は私たちと一緒にダイエット頑張ってみませんか?

駒沢パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)』に下記リンクからお問い合わせください。

こちらの記事は、パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM(トレーナーズジム)』駒沢店にてパーソナルトレナーをしております、

吉村がご紹介致しました。

次回の記事もよろしくお願いいたします。

パーソナルトレーナー駒沢,パーソナルジム駒沢,ジム駒沢,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,吉村祥子

記事の担当者:吉村祥子

パーソナルトレーナー駒沢,パーソナルジム駒沢,ジム駒沢,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,吉村祥子
パーソナルジム