秋の季節の体調不良は自律神経が原因!?(高円寺パーソナルトレーニングジム解説)

季節の変わり目で体調不良!?

「季節の変わり目の体調の変化」

季節の変わり目 体調の変化

季節の変わり目の秋の季節は布団が気持ちよく、何故か眠くてなかなか起き入れないですが、自律神経の乱れが眠い原因かもしれません。

自律神経は朝と日中の寒暖差で乱れるそうです。

この秋の季節は朝が寒いが日中は暖かいため、洋服での調整が難しいと、体が体温調整をする為急激に働き自律神経が乱れてしまうそうです。

その他にも秋は日照時間が短くなる影響で乱れる可能性もあります。

自律神経は副交感神経と交感神経の総称です。自分の意志とは関係なく内臓や神経組織などの働きをコントロールしてくれます。

交感神経は日中に優位に立ち血圧、体温を上昇させ、体温や血圧、心拍などがピークになります。

夜は副交感神経が優位に立ちメラトニンというホルモンが分泌し夜の睡眠を促します。そして体温、血圧、心拍が低下して、成長ホルモンなどが分泌増加します。

通常寝るときは副交感神経が働き眠りを促しますが夜になっても体温が下がらず、なかなか寝つけず朝がつらいのかもしれませんね。

この秋の季節の変わり目は疲れが取れていない感じもありますし、自律神経を整えなくてはならないですね。

 

 

「原因は?」

体調を崩す原因は?!

 

秋になると日照時間が短くなると上記に記しましたが、それに伴い体内のセロトニンの分泌も減少する傾向にあるといわれています。

セロトニンは、脳の神経伝達物質で、精神の安定や自律神経のバランス、体内時計の調整などに関与しています。

そのため、日照時間が短くなると、「冬季うつ病」のような精神疾患や不眠症などが起こりやすくなってしまうのです。

特に、日照時間が短くなる秋の季節は、なんとなく体がダルイ、気分がのらない、やる気がでない、食事量が増え過食気味、眠気がとれないなどの症状が現れたら、セロトニン不足が原因で自律神経が乱れているかも知れません。

もう一つの原因は「寒暖差疲労」が主に上げられます。

秋の朝晩は気温が低く涼しさや冷えを感じる一方で、昼になれば気温も上がりまだまだ暑い日も続きます。

このような寒暖差は自律神経を乱し、身体のだるさや疲れ、頭痛を引き起こしてしまう恐れがあるのです。

また、寒暖差によってアレルギー症状を発症することがあります。

一般なアレルギーとは異なりますが例えば寒い日に温かい食べ物を食べた時や、寒いところから暖かい場所に行った時鼻水が出るなんて事もありますよね?!これも寒暖差アレルギーの反応です。

大きな気温変化によって鼻水や咳、頭痛、食欲不振、痒み、じんましんなどが生じる場合は寒暖差アレルギーである可能性が高いです。

私も鼻炎があるので必ず体調を崩してしまいますがまたこの鼻炎とは少し違うみたいですね。この時期の洋服の調整も難しく、寒がりなのでついつい厚着になってしまいます。羽織る物があると更に自律神経を整えられそうですね。

 

「寝起きが良くなる方法は?」

秋の季節 日差し 運動

 

だんだんと日が短くなり日照時間が少しずつ短くなると、メラトニンという睡眠ホルモンが出やすくなります。

「覚醒」と「睡眠」のスイッチを切り替え、メリハリをつけてくれるホルモンです。

このホルモンをより活発化させるために、朝起きたらしっかりと朝日を全身に浴びて、体内時計をリセットすることが大切です。

メラトニンは、心のバランスを整えてくれるセロトニンというホルモンが材料。

そのセロトニンをつくっているのがアミノ酸の一種トリプトファンです。

・お肉や魚

・大豆製品

・卵

・乳製品などのたんぱく質に多く含まれています。

秋の食材にはこのトリプトファンがたっぷり。秋の食事を楽しむことで睡眠力もUPが期待されます!

トリプトファンは体内では作られないので、食べ物から摂取する必須アミノ酸です。

トリプトファンを材料として脳内で生成され、メラトニンの分泌を促します。

その他にも38~40℃くらいのお湯に浸かると、副交感神経が働いてリラックスできます。

入浴後、深部体温が下がる頃に眠りにつくとよく寝られます。

寝る前によくやってしまうのが、携帯やパソコンを見てしまいますよね、ブルーライトは、脳内で睡眠を促すメラトニンという物質の生成が抑制されて覚醒効果が促されますので寝る前はさけたいところです。

筋力が弱いと体が冷えやすいため気温差を感じやすくなるので、日中にはトレーニングや筋トレ、有酸素運動などを取り入れますとリフレッシュでき、寝つきもよくなると思います。この時期は早寝早起きがおススメです。

 

「最後に」

 

いかがでしたでしょうか今回の記事では季節替わりの秋の朝がつらい、疲れがとれないなどの原因について簡単に解説しました。

朝から日差しを浴びて活動し自律神経を整えると良いですね。

ダイエットをしたくてもなかなか踏み出せない方は、できるところから少しずつかえていきましょう。

そして運動能力を鍛えていきましょう。今回の記事はTRAINER’S GYM 高円寺店パーソナルトレーナー高橋哲仁が記載しました。

高円寺 パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM 高円寺店』では、トレーナー自身が体感し効果のあるトレーニングやサプリメント以外お客様に提供することはありません。

高円寺 
パーソナルトレーニングジム ではトレーニングウェアやタオルの無料貸出およびBCAA、プロテインを無料提供しておりアメニティーも充実しております。パーソナルトレーニングジム 料金等、東京都内で格安の価格とご好評いただいております。


是非1度、高円寺 パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM 高円寺店』までお越しくださいませ。無料体験、無料カウンセリング随時受け付けております。高円寺駅より徒歩30秒、東京都杉並区高円寺南4-27-7ラインビルド高円寺林402号室『TRAINER’S GYM 高円寺店』にてお待ちしております。

 

 

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,高橋哲仁

記事の担当者:高橋哲仁

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,高橋哲仁