その症状オーバートレーニングかも?(高円寺パーソナルジムトレーニング解説)

トレーニングのし過ぎでオーバートレーニングかも?

「もしかしたらオーバートレーニングかも?」

オーバートレーニング

健康のためのトレーニング。また美容のためのトレーニング。好きで始めた事がだんだん嫌になっていませんか?

トレーニングに対してストレスを感じていませんか?もしかしたらオーバートレーニングかもしれません。

筋トレなどトレーニングは通常の身体活動のレベルよりも大きな負荷をかけることで筋肉が刺激され効果が得られますが

オーバートレーニングは過激なトレーニングや長時間のトレーニングなどで疲労したにもかかわらず

疲労回復に必要な栄養や休息が十分でないと回復しないまま疲労が積み重なり、慢性疲労状態になります。

いくらトレーニングをしても、筋トレの効果が低下しパフォーマンスも下がり、中には回復に数週間から数ヶ月かかるともいわれています。

長年筋トレをしている人でも気分が上がらないときもありますし、オーバートレーニングにもなる恐れは十分にあります。自分はまだまだ大丈夫だと思わずに、早めに症状に気づけるようにしましょう。

「こんな症状はオーバートレーニングの可能性があります。」

オーバートレーニング?
  • こんな症状がでたら注意!!
  • 食欲の低下
  • ②慢性疲労
  • ③動悸
  • ④睡眠障害
  • ⑤筋力の減少
  • ⑥ストレス
  • ⑦筋肉痛が長引くなどがあげられます。
  • これらの症状を1つでも感じた時は無理をせずしっかりとした栄養補給や休息がとても重要になります。

「トレーニング後は休息も大事」

休息

トレーニングや筋トレは筋繊維を傷つけ壊れてしまいます。筋肉痛も起きてパフォーマンスは低下します。

しかし人間の体は壊れてしまった組織を直そうとする力が備わっています。

オーバートレーニングに治療薬はありませんので、筋トレ後は休息が必要です。

今では筋肉が復活するのに48~72時間と言われています。(個人差があります)プロテインなどで栄養もしっかり摂る事により復活後は前よりも強い力が発揮されパフォーマンスが上がります。

周りの人とは比べずに、自分の体としっかり向き合いこまめにオーバートレーニングの症状を確認していきましょう。

「オーバートレーニングにならないようにするには?」

オーバートレーニング

上記の症状を感じられたら運動の頻度の見直しや筋トレのセット数、トレーニング記録の確認をしていきましょう。

運動と休養と栄養のバランスを保ってトレーニングを行うこと。

軽いジョギングだけでもと思うかもしれませんが、トレーニングもしないでしっかり休む!!これが一番です。

一週間ほど休んでも筋肉はいきなり落ちません。気持ちが乗らない時はしっかり休養をとりましょう。

最後に大会やダイエットなどストイックに追い込んでしまいオーバートレーニングになる前に日頃から自分の体をチェックしていきましょう。

気分を変えるのもとても大事ですのでトレーニング仲間と一緒にトレーニングをするなど、筋トレを楽しくトレーニングを続けていきましょう

「最後に」

いかがでしたでしょうか今回の記事ではオーバートレーニングについて簡単に解説していきました。

追い込めば追い込むほど筋肉が成長するわけではありません。しっかりと休養も取りましょう。

ダイエットをしたくてもなかなか踏み出せない方は、できるところから少しずつかえていきましょう。

そして運動能力を鍛えていきましょう。今回の記事はTRAINER’S GYM 高円寺店パーソナルトレーナー高橋哲仁が記載しました。

高円寺 パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM 高円寺店』では、トレーナー自身が体感し効果のあるトレーニングやサプリメント以外お客様に提供することはありません。

高円寺 
パーソナルトレーニングジム ではトレーニングウェアやタオルの無料貸出およびBCAA、プロテインを無料提供しておりアメニティーも充実しております。パーソナルトレーニングジム 料金等、東京都内で格安の価格とご好評いただいております。


是非1度、高円寺 パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM 高円寺店』までお越しくださいませ。無料体験、無料カウンセリング随時受け付けております。高円寺駅より徒歩30秒、東京都杉並区高円寺南4-27-7ラインビルド高円寺林402号室『TRAINER’S GYM 高円寺店』にてお待ちしております。

 

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,高橋哲仁

記事の担当者:高橋哲仁

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,高橋哲仁