「高円寺パーソナルトレーニングジム解説」毎日の食事でウエイトコントロール

毎日の食材でウエイトコントロール「高円寺パーソナルトレーニングジム解説」

ケトジェニックダイエットにおいて食べる量を減らす食材

炭水化物

・ご飯。麵類、パスタやうどんなど炭水化物がたくさん含まれています。

炭水化物はケトジェニックダイエットにおいては摂取量を調整しなくてはなりません。

なお普段の食事においても炭水化物は蓄えることが出来るのでエネルギーとして使わず余ってしまったものは脂肪として蓄えられるので摂りすぎには注意していきましょう。

・揚げ物やスナック菓子、ショートニングなど太る油は脂肪としてため込みやすく悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

ケトジェニックダイエットは良質な油で体を活動させるダイエット法になります。

上記の脂は決していい脂ではありません。揚げ物におきましては小麦粉などの糖質も含まれているため適した食材ではありません。

大量に摂取すると血液もドロドロになりやすく体の機能を低下させてしまうので摂取する量を少なくしていきましょう。

・糖度の高い果物や市販されている甘いジュース吸収が速く脂肪になりやすいです。また炭水化物であるためケトジェニックダイエットには適しません。


ケトジェニックダイエットにおいて食べるべき食材


魚類の中でも青魚には脳を活性化する働きや血中コレステロールや中性脂肪を減らし血液をサラサラにする作用があるので積極に摂取していきましょう。

鶏肉のささみはダイエットの代表的な食材です。

栄養素はたんぱく質がほとんどで筋肉や臓器など全身作り上げています。

きのこ類、きのこ類は低カロリーで食物繊維も豊富で便秘改善にはオススメ食材になります。

なお、上記の食材はケトジェニックではない食事においても健康指数が高い食材と呼べるでしょう。


「なぜ脂肪になるのか」


脂肪

単純に栄養の過剰摂取と運動不足によるものです。運動をしていれば摂取した栄養素はエネルギーとして使われますが、今の時期どうしても運動不足になりがちです。そうなるとエネルギーとして使われないので脂肪になりやすくなります。この余りやすい脂肪をつかうダイエット法がケトジェニックダイエットであります。なにも難しいことはありませんまずは、炭水化物(主食)を減らし。副菜を意識しお肉やお魚野菜をたべる。これを意識することが重要になります。


「最後に」


ウエイトコントロールは普段食べている食材で変わってきます。摂取量をしっかり考え食材をしっかり選び、しっかり食べて体作りをしていきたいですね。今回オススメの食材などはごく一部の食材を紹介しました。一人では運動が難しい方やその他の気になる食材やお食事について不安な方は私たちと一緒に頑張ってみませんか?こちらの記事はパーソナルトレーニングジム「TRAINER’S GYMトレーナーズジム高円寺店」にてパーソナルトレーニングをご提供しております髙橋がご紹介いたしました。また「TRAINER’S GYMトレーナーズジム高円寺店」では運動着タオルの無料貸出およびプロテインBCAAの無料提供しておりアメニティーも大変充実しております。パーソナル料金等、東京都内で格安の価格とご好評いただいております。高円寺駅より徒歩30秒、是非一度高円寺パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYMトレーナーズジム高円寺店』までお越しください。

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,高橋哲仁

記事の担当者:高橋哲仁

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,高橋哲仁