夏の時期でも体は冷えます。油断してはいけません。

油断してはいけません。夏の時期でも体は冷えてしまいます。

「冷え性の主な原因」

冷えの原因

冬の時期は大体の人は手足が冷たくなりますが、外の寒さを感じていなくてもなかなか温まらず手足が冷たくなっているのは

冷え性の可能性がたかいです。

夏の時期でも体の冷えを感じていると体の中から冷えているので少し体を動かしただけではなかなか温まりません。

寒かったら血液が熱を全身に運び体を温めようとします。逆に暑くなると汗をかき熱を冷まそうとします。

体温調整がなかなかできずに冷えにつながっています。冷えの主な原因は・・・

血行不良血行は自律神経(交感神経と副交感神経)によって調整されていています。

この自律神経が乱れると血流の調整がうまくできず冷え性に繋がります。

この自律神経のバランスの乱れはストレスの原因も考えられています。

運動不足による筋肉の低下筋肉は熱を産生します。筋肉量が少ないと体内で熱を作ることができず体をうまく温めることはできません。

女性は筋肉が少ないので血液が隅々まで行きにくいため冷えやすくなります。

ホルモンバランスの乱れ女性の方は男性とは違い出産や月経などで

ホルモンのバランスが乱れやすく体温調整をしている自律神経が影響を受けて血液の循環が悪くなり冷え性になりやすいのです。

また女性ホルモンも年齢とともに減っていくと冷えのほうもひどくなる方も多くなるそうです。

偏った食生活無理なダイエットなどで食事が減り偏った食事をしていると

栄養不足になるだけで熱を作る事ができなくなってしまいます。

無理なダイエットはホルモンのバランスが崩れ冷えの原因にもなります。

食べ過ぎても冷えの原因になってしまいます。消化のために血液が胃腸に集まってしまい

熱産生量の多い筋肉などに血液の供給が減ってしまうからです。


「冷え性の対策」


朝起きたら日光を浴びるといいです。日光を浴びることでセロトニンが活性化されます。

幸せホルモンとも呼ばれています。セロトニンは自律神経を整える働きがあり

日光を浴びる事で体内時計もリセットされるのでいいリズムがうまれます。

トレーニングをする。血行の流れをよくするため効果的なのは運動ですハードな筋トレでもいいですが

軽いジョギングや自宅でできる運動やストレッチなどを取り入れて血液の血行を良くすることで

体温も上がり気持ちよく寝むれるようになります。毎日の生活の中に体を動かす習慣をつけていきましょう。

体を温める食材の材料になる炭水化物、脂質、タンパク質をバランス良く食べる事が先ずは大事です。

の中で定番なのは生姜や根菜類の野菜など卵やタコ、魚などが体を温める食材としてあげられます。

逆に冷えやすくする食材は夏野菜と言われているトマトやナスなどがよくあげられています。

入浴夏になるとついついシャワーが多くなってしまうと思いますが

夏こそぬるま湯で20分程しっかりと入浴する事で体を芯から温めることができます。


「最後に」


冷え性は冬だけではなく暑い夏でも体は冷えてしまいます。

放っておくと手足が冷たくなるのはもちろん代謝が低下し老廃物がたまりやすくなったり肩こりや頭痛の原因にもなります。

この暑い季節こそ体を温める対策をしっかり行っていきましょう。今回は冷え性について簡単に解説しました。

毎日の生活習慣の乱れからも冷えの原因になります。生活習慣を整え健康的な生活を送りましょう。

私達は健康的な生活を送れるヒントを皆様に提供しております是非一度高円寺パーソナルトレーニングジム「TRAINER’SGYMトレーナーズジム」高円寺店までお問い合わせくださいませ。

 



パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,高橋哲仁

記事の担当者:高橋哲仁

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,高橋哲仁