ダイエット中の停滞期の悩み

ダイエット中の悩み停滞期

「便秘」


停滞

女性の方でとても多いと思いますが便秘がダイエットの時停滞になる原因の一つです。

便秘になると代謝が落ちお腹が張り痩せにくくなっています。

便秘の原因は水分不足:水分の摂取量が少ないと便が硬くなりスムーズに出なくなり便秘になります。

また暑い時期には汗で水分不足になりがちになるのでいつもより意識して水分を摂取していきましょう。

ミネラルに含まれるマグネシウムは水分を引き込んでくれる作用があります。

マグネシウムは腸内で便中に水分を引き寄せ便を柔らかくし排便が促され便秘解消に期待できます。

腸内環境を整え便秘が解消されると肌荒れなども解消されるとも言われているので

体にいいものを取り入れて体に悪いものはどんどん出していきましょう。


「低カロリーによるホメオスタシス」


糖質制限などのダイエットを行っていて、主食をぬいた食事が1ヶ月以上続けていくと

ある一定の数字までは下がっていくが、低カロリーの食事に体が慣れていき省エネモードになってしまいます。

これをホメオスタシスといいます。聞きなれない言葉ですが、食事の変化である程度は数字に変化が出てきますが

慣れてくるとその体内の環境を一定に保とうとしてしまいます。

このホメオスタシスが発動されると食事によるエネルギーの吸収率が上がり基礎代謝や運動によるエネルギーの消費量が少なくなり

体が省エネモードになります。食事の量は少ないのに体重が下がらないなんてことになったら、ホメオスタシスが発動していると思います。

停滞は誰にでも起きてしまうのでカロリーを見直してみたりしましょう。


「ホルモンバランス」


女性の方は多いですがどうしても生理の前ホルモンのバランスが乱れ体重は停滞してしまいがちになります。

むくみやすくもなり水分も溜め込みやすくなりますし、食べる量もどうしても増えてしまいます。

この時ついつい食べてしまう事もあると思いますが、糖質をとるのでなくホルモンの材料にもなるたんぱく質を

積極的とっていきましょう。ここで血糖値の高いものをとってしまうと歯止めが利かなくどんどん食べてしまいます。

この時もしっかり食材を選んで食べていきましょう。生理が終わりホルモンバランスが整えば

代謝もよくなり痩せ期がくるので生理前から生理中はたんぱく質を中心の食事にして調整していきましょう。


最後に


ダイエット中必ず停滞期はきます。数字が上がったり下がったりします。

体重が落ちないからといい落ち込むとそれがまたストレスになり更にダイエットにはよくないので

便秘ではないか、カロリーが低すぎてないか、ホルモンバランスが乱れてないかなど原因を確認しながら

ダイエットを行っていきましょう。今回はダイエット中に停滞する原因を簡単に解説しました。

ダイエットやトレーニングは一人じゃなかなか大変です何か分からない事がありましたら

是非一度「TRAINER’SGYMトレーナーズジム」高円寺店高橋までお問い合わせくださいませ。

楽しくダイエットができるようにサポート致します。



パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,高橋哲仁

記事の担当者:高橋哲仁

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,高橋哲仁