パーソナルトレーナーが解説する『サルコペニアについて』 〜高円寺パーソナルジム監修〜

『サルコペニア』 〜高円寺パーソナルジム監修〜 『Trainer’s gym高円寺店』所属パーソナルトレーナー古林修が記載します。今回の記事は、『サルコペニア』についてご紹介いたします。Trainer’s gym高円寺店は東京最安値に挑戦のパーソナルジムです。

パーソナルトレーナーが解説する『サルコペニアについて』 〜高円寺パーソナルジム監修〜

サルコペニアとは? 

パーソナルジム

サルコペニアとは、加齢や栄養不良により筋肉量の減少握力の低下歩行速度の低下などを引き起こす症状です。
高齢期に特に多く発生する症状になります。
またサルコペニアは、1次生、2次生に分類されます。
1次生は加齢によって2次生は栄養不良により起こりやすくなります。


またその他に関しても 寝たきりの生活や活動性が低下することによって起こる廃用によるもの、癌や虚血性心不全、末期腎不全、内分泌疾患などの疾患によるもの、消化管疾患や薬の副作用による食欲不振、エネルギー・タンパク質の摂取不足によるものが発生を促しています。

フレイル? 

女性ジム

一方、サルコペニアと似た症状「フレイル」と呼ばれる症状もあります。こちらは、日本老年医学会が提唱している高齢者が筋力や活動が低下している状態(虚弱)のことです。
 高齢者は、意図しない衰弱筋力の低下活動性の低下認知機能の低下精神活動の低下などの脆弱な状態を経ることが多いことから、定説となりました。

高齢者は加齢に伴って不可逆的に老い衰えた状態になると理解されがちですが、フレイルの概念によれば、適切な介入によって再び健常な状態に戻る可逆性が含まれています。要介護に陥るのを防げる効果があるとして対策を呼びかけているそうです。


 サルコペニアもフレイルも、加齢に伴う機能低下を意味していますが、この2つはどう違うのでしょうか。

サルコペニアは、筋肉量減少を主体として、筋力、身体機能の低下を主要因としているのに対して、フレイルは、移動能力、筋力、バランス、運動処理能力、認知機能、栄養状態、持久力、日常生活の活動性、疲労感など、非常に広い要素が含まれています。

対処法!! 

ずばり筋トレをしてプロテインを摂取することが上記を予防する大きな行動となります。

筋トレに加えてしっかりとタンパク質などで身体を作ればサルコペニアやフレイルいった症状を改善または予防できます。

運動するという行為は将来的な危険因子を排除するのに非常に効果的なのです。

『最後に』 〜高円寺パーソナルジム監修〜 〜東京最安値挑戦のパーソナルジム

女性運動

パーソナルジム『Trainer’s gymトレーナーズジム』では科学的根拠、現役の医師から指導された医学的知識を基にしたメソッド以外はお客様に提供することはありません。

また、『Trainer’s gymトレーナーズジム』では運動着やタオルの無料貸出およびBCAA8種類、プロテイン12種類を無料提供しておりアメニティーも大変充実しております。

パーソナルトレーニング料金等、東京で格安の価格とご好評いただいております。是非1度、高円寺パーソナルジム『Trainer’s gym高円寺店』までお越しください。
無料体験、無料カウンセリング随時受付ております。


高円寺駅より徒歩30秒、東京都杉並区高円寺南4-27-7ラインビルド高円寺林402号室『Trainer’s gym高円寺店』にてお待ちしております。



パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修

記事の担当者:古林修

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修