果糖とブドウ糖(高円寺パーソナルジムが解説)

今回の記事は糖質をさらに種類別に分けて果糖、ブドウ糖を詳しく解説していきます。

果糖とブドウ糖

ブドウ糖

ブドウ糖

ブドウ糖というのは糖の一種で、人間、動物、植物が活動するためのエネルギーとなる大切な物質。

別名グルコースとも呼ばれています。
果実、ハチミツ、体液中に存在していて、自然界でも最も多く存在している糖分です。
血液中のブドウ糖濃度を調べることで糖尿病、膵炎・ダンピング症候群の検査をすることもできます。

ブドウ糖は小腸から吸収されるとすぐに脳のエネルギーとして利用することができるので、すぐに血糖値を上昇させ、即席の体内エネルギーになるといわれています。

なので、脳のエネルギーをお手軽に補うためにドロップタイプやタブレットタイプのブドウ糖も販売されているのです。

しかし、いくら脳の即席エネルギーになるといっても、食べ過ぎてしまうと脳にエネルギーとして運ばれ、全身に回った後、余った分は中性脂肪として身体に蓄積されてしまいます。

食べ過ぎは禁物ですし、栄養補助食品であるブドウ糖を単体でバクバク食べるよりは自然食品から摂取した方が健康的で、肥満防止になります。

果糖

果糖

果糖というのは名前の通り、果物などに多く含まれている糖の一種です。

ハチミツ、果実、根菜などに多く含まれていて、全ての糖の中で最も多く水に溶ける性質を持っています。

別名フルクトースとも呼ばれています。

果糖は天然に存在する糖の中では最も甘く、強いコクがあり、また冷やすことで一段と甘味が増すとう性質があります。

なので、清涼飲料水や冷菓の甘みとして利用されいます。

血糖値を上げにくく、徐々に体内に吸収されるので、吸収・消費が穏やかなエネルギーといわれていて、急激な血糖値の上昇がよくないとされる糖尿病や心臓病の患者さんにも利用されてきました。

虫歯の原因菌も作りませんし、血糖値も上げないので、

「果糖はブドウ糖と違って太らない」

と思っている方もいますが、残念ながらそんなことはありません。
果糖も過剰に摂取すると肥満になる可能性が高くなるので、やっぱり食べ過ぎは禁物なのです。

果糖ブドウ糖液糖とは?

ジュース

こちらはジュースの原料としてよく聞く減量かと思います。
果糖なの?ブドウ糖なの?
果糖ブドウ糖液糖とは?

原料はトウモロコシでんぷん。それを精製したコーンシロップとなります。

果糖ブドウ糖液糖の原料は、トウモロコシのでんぷんです。これを酵素処理したものです。

異性化糖とも呼ばれるこの製品は、ブドウ糖の集合体である多糖類とよばれるでんぷんをまず分解してブドウ糖だけにします。

この時点で単糖類となるのですが、これを更に酵素の力で果糖へ変換。

ブドウ糖と果糖の混合液の中で、果糖の割合を50%以上にしたのが果糖ブドウ糖液糖です。
なぜその必要があるのか?というと、甘さの問題。

果糖の性質として、低温だと普通の砂糖よりも甘く感じるという性質があるため清涼飲料水などで使われやすいというところがあります。

冷たくなくても、よく使われているのはノンオイルドレッシングや焼き肉のたれ、お鍋のスープの素、納豆のタレ、みりん風調味料、ヨーグルトなど…さまざまな製品に使われています。

 

果糖とブドウ糖は同じ糖類ですが、代謝させる経路が違います。

ブドウ糖は吸収後血液に血糖として全身に運ばれますが、その時上昇した血糖値に対してインスリンが分泌され、余った分が体脂肪として蓄えられます。

ちなみに果糖のほとんどは肝臓で代謝されるため、血糖値を上昇させません。

しかし、ブドウ糖より吸収の早い果糖は余った分をすぐに中性脂肪として合成させてしまうのです。
血糖値の観点からするとよさそうなのですが、実は中性脂肪として蓄えられやすい性質があるのが果糖です。

じゃあ果物は太りやすいの?と思ってしまいがちですが、果物に豊富な果糖は、あくまで豊富というだけで、ブドウ糖やショ糖も含まれています。

そして、食物繊維や水分も豊富なので、果物をそのまま食べるということとはまた話が異なってきます(フルーツジュースは結構リスク高いですが)

砂糖

砂糖

実は、砂糖という製品も、ブドウ糖と果糖からできているのですが、これらの分子がひとつずつ結合しているのがいわゆる砂糖です。
しかし、果糖ぶどう糖液糖はブドウ糖と果糖が別れた状態でまざっている混合液です。

また、基本的に果糖の割合の方が多いので、より甘く感じるということもあります。

さらに果糖の多い液体というのが曲者で、果糖はブドウ糖より満腹感を得にくく空腹感が満たされないため、より食べ物を欲してしまうなどの依存性を高めると言われています。

そして大きな問題はこの原材料であるトウモロコシはアメリカで余り余っている、遺伝子組み換えトウモロコシである可能性が高いということ。

まとめ

ダイエット

いかがでしたか?
ブドウ糖だから体にいい、果糖だから体に悪い、いろいろな観点から双方を分析してみました。
どちらもいいところ悪いところがあったかと感じております。

バランスがいい食事が一番大事ですね!
どんな食べ物でも食べ過ぎが一番良くないことであります。


パーソナルトレーニングジム
TRAINER’S GYM高円寺店
トレーナー 古林修

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修

記事の担当者:古林修

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修