カテキンの健康効果(高円寺 ジム解説)

今回の記事は健康成分カテキンについて詳しく解説していきます。解説しますのはTRAINER’S GYM高円寺店でパーソナルトレーナーをしております古林修です。

カテキンの健康効果

カテキンとは?

熟考

カテキンは、ポリフェノールの一種で、昔からタンニンと呼ばれてきた緑茶の渋みの主成分です。

カテキンの語源は、インド産のアカシア・カテキュー(マメ科アカシア属の低木)の樹液から採れる“カテキュー”に由来しています。

お茶のカテキンは、1929年、理化学研究所の辻村博士らによって初めて存在が確認されました。

茶葉中に形の違う4種類のカテキンが存在しています。

下記に名称を記します。

* エピカテキン
* エピガロカテキン
* エピカテキンガレート
* エピガロカテキンガレート

 

カテキンの変化や変色について

お茶

お茶飲料などを製造する工程の中で、加熱処理を行うことで一部形が変化します。

* エピカテキン⇒カテキン
* エピガロカテキン⇒ガロカテキン
* エピカテキンガレート⇒カテキンガレート
* エピガロカテキンガレート⇒ガロカテキンガレート

カテキンは非常に酸化しやすい物質です。

緑茶は、荒茶製造工程中で酸化酵素の働きが抑えられるため、ほとんど酸化しません。

しかし、烏龍茶や紅茶では、酸化酵素の作用で酸化重合物(いわゆる合体カテキンで、テアフラビン類・テアルビジン類が該当)が作られます。

すると、本来は水溶液中では無色のカテキンが、オレンジから赤色となります。烏龍茶や紅茶が赤っぽい色をしているのは、このためです。

カテキンの健康効果

運動

・抗酸化作用
 

私たちの体は酸素を体に取り込み、炭水化物などの有機物を酸化して、生命活動に必要なエネルギーを取り出しています。この過程で生じる活性酸素は細胞を傷つけ、がん、動脈硬化、アルツハイマーなどさまざまな病気を引き起こす因子とされています。

酸化はまた、食品の劣化や体の老化につながるとされ、健康や美容情報にもよく取り上げられています。


食品や生体組織の酸化を抑える作用、活性酸素を除去する力を抗酸化作用と言います。

カテキンはいずれも強い抗酸化作用を持ちますが、特にエピガロカテキンガレート(EGCG)、エピガロカテキン(EGC)の抗酸化力は強力です。


健康な生活には、カテキン類のほか、ビタミンC、ビタミンEなども含めた抗酸化物質の日常的な摂取が欠かせません。

・抗ウイルス作用
 

ウイルスは生体内の生きた細胞に寄生、増殖するのが特徴です。

寄生した本体にダメージを与え、インフルエンザ、AIDS、肝炎、胃腸炎など、ウイルス性の重大な病気を引き起こす場合もあります。
 

カテキン類は、ウイルスの不活性化や増殖を抑える力があることが実験で確認されています。

また、緑茶のカテキン類と、紅茶に含まれるテアフラビンはインフルエンザウイルスによるリスクを減らすのに有効です。お茶うがいを励行して、児童の健康維持に努める学校もあります。

・殺菌作用
 

細菌などの微生物の増殖や、毒素の働きを抑える作用です。
 

食中毒を引き起こすブドウ球菌、サルモネラ菌や腸管出血性大腸菌O-157、伝染病を引き起こすコレラ菌、赤痢菌などが知られています。カテキン類は、これらの菌の働きを抑えることが実験で明らかになっています。


 また身近なところでは、水虫、おむつかぶれや床ずれなどにも細菌がかかわっています。症状の緩和や予防に、お茶を薄めた液に浸ける、お茶を薄めた液を浸した布で拭くなどの方法を実践している介護の現場もあります。

・抗がん作用
 

がんは、ウイルス、放射線、化学物質等をきっかけに、細胞が突然変異を起こして始まります。

そして、その変異が固定化され、増殖することでがんが広まります。
 

カテキン類は、細胞の突然変異によるがん化と、変異した細胞の増殖や転移の両方の段階の抑制に作用することがわかっています。

動物実験では、胃、小腸、十二指腸、大腸、脾臓、肝臓、乳腺、肺、皮膚などのがんに有効でした。

お茶の産地では、胃がん、大腸がんなどの消化器系疾患が明らかに低いことが以前から知られており、カテキン類のがん予防への応用は熱く期待されています。

・抗アレルギー作用
 

アレルギーは、食品、花粉などの抗原(アレルゲン)が体内に入って抗体がつくられた後、再び体内に入った抗原に細胞内のヒスタミンなどが反応して、発熱、じんましん、けいれんなど体に悪い状態を引き起こすことです。

気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、花粉症などが代表的な症状です。
 

カテキンの中でも、エピガロカテキンガレート(EGCG)は、肥満細胞からのヒスタミン遊離を抑制し、抗アレルギー作用があります。
 

また、最近特に注目されているのが「メチル化カテキン」です。

エピガロカテキンガレート(EGCG)がメチルエーテル化されたもので、腸からの吸収率が高く、血中にとどまる時間も長く、抗アレルギー作用がさらに強力です。
 

チャの一種べにふうき(紅富貴)は、カテキン類、特にメチル化カテキンを豊富に含む紅茶用の品種です。

生葉を酸化発酵させずに緑茶か包種茶にすると茶葉にメチル化カテキン残すことができますが、紅茶に製造するとカテキンの酸化重合により消失してしまいます。

緑茶に仕上げたべにふうきを飲むと花粉症の症状が楽になると感じる人も多く、これまでの実験でも症状軽減に有効だとされています。

・消臭効果
 

お茶に含まれるカテキン類は、フラボノール類、クロロフィルなどとともに、強い消臭作用が認められています。


 実際に緑茶を使って口腔清拭を行った高齢者介護施設では、高齢者の口臭が以前より気にならなくなり、口内の衛生状態も良好に保たれたそうです。

何よりも、介護を受ける方にとって薬よりもやさしく、ケアに対する抵抗が少なくなったというのがうれしいですね。
 

また、カテキン類の抽出物は、消臭を目的に、衣類や寝具、おむつ、石けん、脱臭剤などの日用品、ペット用品など様々に利用されています。

まとめ

健康

 日本人の食事摂取基準にはカテキンの摂取目標量は設定されていませんが、毎日カテキンを摂り続けることで健康や病気の予防に役立ちます。

無糖なので水分補給にオススメです。

茶カテキンの有効濃度は1日540mg以上を毎日摂り続けると脂肪燃焼に役立ちます。

カテキン540mgは緑茶で湯呑10杯程度に相当します。カテキンはお茶の苦味渋み成分でもあるので、緑茶の茶葉から540mgを摂取するとかなり飲みにくい味です。

いかがでしたか?

カテキンは身体の毒素を殺菌するような効果が見受けられるようです。

ダイエットなどにも役に立つ成分のため身体作りを行なっている方などぜひ積極的に摂られてみてください。

高円寺 ジム『Trainer’s gymトレーナーズジム高円寺店』では、トレーナー自身が体感し効果のあるトレーニングやサプリメント以外お客様に提供することはありません。

『Trainer’s gymトレーナーズジム』では運動着やタオルの無料貸出およびBCAA8種類、プロテイン12種類を無料提供しておりアメニティーも充実しております。

パーソナルトレーニング料金等、東京都内で格安の価格とご好評いただいております。
是非1度、高円寺 ジム『Trainer’s gym高円寺店』までお越しください。

無料体験、無料カウンセリング随時受付ております。

高円寺駅より徒歩30秒、東京都杉並区高円寺南4-27-7ラインビルド高円寺林402号室『Trainer’s gym高円寺店』にてお待ちしております。

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修

記事の担当者:古林修

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修