歯磨きのやりすぎ(高円寺 パーソナルトレーニングジム解説)

歯磨きのやりすぎについて

歯の磨きすぎで起こるデメリット

歯磨き粉

1、知覚過敏になる
強く磨きすぎると歯のエナメル層が薄くなり冷たさや熱さなどへの耐性が落ちていきます。そのような歯の磨きすぎを続けていると、象牙質といううものが歯の内側から出てきます。
象牙質は、刺激に対して敏感な場所であり、噛むときに痛みを感じるよにもなってしまいます。このような場合でも磨きすぎをやめない場合“象牙質知覚過敏症”という歯の病気にも繋がってしまします。

 

2、歯茎にタコが出来る

歯の磨きすぎを続きると歯茎の耐性ができ歯茎が厚くなっていきます。歯茎のタコのことを別名“フェスツーン”と呼びます。

3、歯茎が下がる

歯の磨きすぎは、歯茎が下がる原因にもなります。これはどういうことかと言うと歯と歯茎の間にスペースができてしまうことです、“歯肉退縮”とも呼ばれます。
食べ物などが詰まりやすくなり虫歯にもなりやすくなります。ここまでの症状は基本治らないされています。

 

歯の磨きすぎには上記のような弊害がつきまとってしまいます。

その他の危険性

女性

下記のような症状の危険性も、、、

・出血

これははの磨きすぎでの一番多い症状です。口の中を傷つけることにより口内炎などもできやすくなります。

出血がながく続いている場合もあります。それは歯周病とも呼ばれかなり危険な状態です。はが弱っている危険信号です。

歯を失ってしまうかもしれない状態ですので迅速に病院に受診しましょう。

・歯や歯茎が薄くなる

歯の磨きすぎを続けたことにより歯や歯茎が薄くなり歯根と呼ばれる部分が飛び出してきます。 歯根は硬く作られている歯とは違い、とても柔らかいので歯ブラシでも削りやすい部位です。この部分に刺激が入り歯が敏感になることを知覚過敏と言います。

 

正しい歯磨きとは?

女性

・回数に決まりはない

正確に何回しかしてはいけないということはありません。歯磨きは口の中を除菌する行為であり菌が多く付着しているタイミングで行っていきましょう。朝晩の最低2回は行うようにします。朝起きた口腔内は肛門と同じくらいの汚染度があります。また寝ているタイミングが菌を多く発生させやすく歯間に食べ物などが残っていると大量の菌が発生し虫歯になりやすくなります。

夜一回しか磨かないと言う人は朝起きて菌が発生したままになります。これは言うなれば口の中に大量のう○こを入れたまま1日を過ごすことになりそうです。

夜する際にも注意が必要です。歯磨きを夜行ってからは極力、糖質やタンパク質などもアミノ酸も摂らないようにしましょう。これらは菌の繁殖材料になるため口腔内に残しておくと虫歯菌や歯周病を誘発する大きな原因とナリます。


まとめ

女性

いかがでしたか?
今回は歯の磨きすぎによる影響を記事にしました。

私の周りでも歯磨きが好きで常に磨いている方などよく見かけます。
やはり何事もやりすぎは良くないというところでしょうか、、

ただ口の中は衛生的に保っておかないといけない弊害もあります。

歯磨くのが好きな方でも1日食事のたびに行う程度に抑えるのがベストと言えそうです。

いいこととされている歯磨きなどの行為でもやりすぎは良くないとうことです。何事もやりすぎには注意が必要となりあmす。

今一度歯磨きなど日常の行っていることの正しい面を学び直してみましょう。

今回の記事はTRAINER’S GYM 高円寺店パーソナルトレーナー古林修が記載しました。

高円寺 パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM高円寺店』では、トレーナー自身が体感し効果のあるトレーニングやサプリメント以外お客様に提供することはありません。

TRAINER’S GYM ではトレーニングウェアやタオルの無料貸出およびBCAA8種類、プロテイン12種類を無料提供しておりアメニティーも充実しております。

パーソナルトレーニング料金等、東京都内で格安の価格とご好評いただいております。
是非1度、高円寺 パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM 高円寺店』までお越しください。

無料体験、無料カウンセリング随時受付ております。

高円寺駅より徒歩30秒、東京都杉並区高円寺南4-27-7ラインビルド高円寺林402号室『TRAINER’S GYM 高円寺店』にてお待ちしております。

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修

記事の担当者:古林修

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修