ガムを噛むと現れる効果メリットとデメリット(高円寺 パーソナルトレーニングジム解説)

高円寺 パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM 高円寺店』所属パーソナルトレーナー古林修が記載します。今回の記事は、『ガムを噛む効果』についてご紹介いたします。

ガムを噛む効果 〜高円寺 パーソナルトレーニングジム解説〜

ガムを噛むと身体に良いことばかり!!

女性

1、血流が良くなる
噛むことで脳内の血流が増え、脳の運動野や感覚野、前頭前野、小脳などが活性化します。特に脳の前頭前野は判断、感情、行動、記憶、コミュニケーションなどをつかさどる重要な部分です。うつではこの前頭前野の機能が低下することが指摘されていますが、噛むことで前頭前野の血流が増え、機能がアップします。

2、脳を刺激できる
脳の中で、記憶力をつかさどる部位が「海馬」です。「海馬」にはすべての情報が一時的に保存される、脳の記憶庫のようなところです。
わざと噛み合わせを悪くしたマウスでは、この海馬の細胞が消失、記憶力が低下したという実験結果があります。噛むことは海馬を刺激し、活性化するため記憶力を高められる可能性があります。

3、幸せホルモンの分泌、抑うつ効果
研究によると、ガムを20分間しっかり噛み続けると、脳のセロトニン神経が活性化し、血液中のセロトニン濃度が増加したそうです。セロトニン神経が活性化すると、ストレスを緩和し幸福感を高めるセロトニンの分泌が増え、うつなどの改善にも効果があるといわれています。また、セロトニンは、睡眠ホルモン・メラトニンを作り出す材料でもあります。セロトニンがたくさん出ると、夜、ぐっすり眠れるという効果も。

4、消化を助ける
唾液は消化を助け、胃腸の働きを活発にします。噛むことで出た唾液が胃腸に流れ食べたもの消化をより促進させます。また唾液に含まれるペルオキシターゼという酵素が食品の発がん性を抑えガン予防につながります。
さらに
ご存知でしたでしょうか?実は口臭は口内からではなく胃から上がってくる臭いの方が強いのです。もちろん食べかすなども匂いの原因にはなりますが、胃に入ったものを早く消化させるのも口臭を抑えてくれます。

デメリット!?

女性

キシリトールが甘味料としてガムに使用される前は虫歯菌(ミュータンス菌)の栄養であるショ糖をはじめ甘味料が飴よりも長く口の中に停滞するのでガムは虫歯になりやすいとされていました。現在、キシリトールはミュータンス菌の繁殖を抑え酸を放出させにくくすることで虫歯になりにくい甘味料としてさまざまな商品に使用されています。しかし、このようにキシリトールが一般的になった現在でもガムを噛むことに対する悪影響があります。

1、顎関節への影響
顎は顎に付着する筋肉が適切な運動をすることによって、顎の関節の動く範囲内で生理的に動きます。顎に付着している筋肉が極度に疲労すると関節の周囲に痛みが起きますが、この筋肉に由来する痛みは顎関節症の症状の一つです。ガムを日常的に何回も強く噛みすぎると筋肉が痛み、顎関節症の症状が出てくる可能性があります。

2、歯へのダメージ
強く何回もガムを噛むような習慣がある人は歯の表面のエナメル質が磨り減ってかみ合わせが変わってきます。かみ合わせが深くなり下の前歯が上の前歯の裏側に当たって突き上げられるため、上の前歯が前にでてきたり前歯に隙間が空いてきたりしてきます。また、エナメル質が薄くなっていくので熱いものや冷たいものを食べたときに知覚過敏にもなりやすいです。

3、頭痛
噛む筋肉が極度に疲れていると頭痛の回数が増えます。特にストレスがたまっているときには頭が痛くなりやすいです。

4、フェイスラインへの影響
噛む筋肉が発達してくるとその筋肉が付着している部位の骨が隆起してたくましくなってきます。そのため、顔はエラが張って四角くなり、かみ合わせも深くなります。臼歯を見ると磨り減っていることが多く噛む面積が広くなっていますが、このように歯がすり減ると下顔面がつぶれてきてオトガイが目立ってきます。わかりやすい例を挙げると、入れ歯のおじいさん、おばあさんが入れ歯を外したときを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。この場合の矯正治療は歯科矯正用アンカースクリューを併用して短くなった下顔面を平均値に近づけるような治療をします。

ガムを噛む時間

ガム

ガムは1日に1回、10分間を目安に噛むといいそうです。ちなみに、スルメでも効果は同じとのこと。
また、歯の状態や好みの関係で、ガムやスルメを噛むのが難しいのであれば、普段の食事をできるだけよく噛んで食べることを心がけ、歯ごたえのある食材を積極的に選ぶようにするといいとのことです。
現代人の咀嚼回数は次のようにグンと減っています(「東京都福祉保健局 食育サポートブック」より)。
* 1000年前の食事:平均咀嚼回数は1,400回
* 80年前の食事:平均咀嚼回数は1,400回
* 現代の食事:平均咀嚼回数は620回
食事への配慮だけでも、ずいぶん変わるかもしれませんね。
1枚のガムの咀嚼回数が約550回(現代の食事と同等の回数)でありながら、カロリーはたったの10kcal程度であることからガムは適度に噛むことがかんり日常において良い効果をもたらすことでしょう。

まとめ

女性

いかがでしたか?

ガムを噛む効果にはとても良い効果がたくさんありますね。

しかし良い効果ばかりでもないことは覚えておいてください。
なにごともやりすぎは良くないですね笑笑

それと言いますのも私もメリットの点ばかりに囚われて噛む時間などは相当長い時間、噛んでおりました。

物事は適度に適当にを心がけていきたいと思います。

今回の記事はTRAINER’S GYM 高円寺店パーソナルトレーナー古林修が記載しました。

高円寺 パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM高円寺店』では、トレーナー自身が体感し効果のあるトレーニングやサプリメント以外お客様に提供することはありません。

TRAINER’S GYM ではトレーニングウェアやタオルの無料貸出およびBCAA8種類、プロテイン12種類を無料提供しておりアメニティーも充実しております。

パーソナルトレーニング料金等、東京都内で格安の価格とご好評いただいております。
是非1度、高円寺 パーソナルトレーニングジム『TRAINER’S GYM 高円寺店』までお越しください。

無料体験、無料カウンセリング随時受付ております。

高円寺駅より徒歩30秒、東京都杉並区高円寺南4-27-7ラインビルド高円寺林402号室『TRAINER’S GYM 高円寺店』にてお待ちしております。

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修

記事の担当者:古林修

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修