ビールと健康(高円寺パーソナルトレーナー解説)

TRAINER’S GYM高円寺店トレーナー 古林です。現在減量中です。そんな中、本当にビールが飲みたくて飲みたくて記事にしました。今回はビールは本当に体に悪いのか?太りやすいのか?など深堀していきます。

ビールは身体に良い!?

ビールの糖質やプリン体は本当に悪者なのか?


食事

適量である限り糖質やプリン体は気にしなくていい!!

尿酸値が高くなって痛風になるというのは、必ずしもビールが原因とは限りません。
今は、遺伝的要素が強い影響を与えているとも言われています。

また水分が不足している状態で激しい運動を繰り返していると尿酸値は跳ね上がります。

実際に、缶ビール350mlに含まれているプリン体は約20mg。牛肉や豚肉100mgに含まれるプリン体と比べると、わずか4分の1程度の量です。

ちなみに、焼酎やウイスキーなど、プリン体を含まないお酒でも体がアルコールを分解する際には尿酸値が上昇します。

また、ビールは醸造酒で糖質を含んでいるので、蒸留酒と比べカロリーが高くなっています。
しかしビールには、糖質の代謝を促すビタミンB群が豊富に含まれていますので、何事も適量というのが大事であることがわかります。

ビールも「アルコール」という点で、適量を超えると健康に良くはないでしょう。
ただし、これはどのアルコールも一緒なのです。

ただ適量の飲酒は、飲まない人より長生きするとさまざまな論文で発表されています。
適量の飲酒には、大腸ガンや動脈硬化・心筋梗塞などのリスクを下げてくれる効果があり、適量を守れば健康にいいと言えます。
なかでもビールは、ほかのアルコールよりも健康になれる理由があります。

健康成分「ホップ」

健康

ビールの原料である「ホップ」の成分が体に良いのです。
ビールのホップは「抗酸化物質」なんです。

専門的になりますが、あらゆる病気の原因となる「体の酸化」は、活性酸素によって引き起こされます。
簡単にいうと、ストレス、紫外線、食品の添加物などで生じる、老化の原因となる物質ですが、この活性酸素を無害化してくれるのが抗酸化物資となります。

ホップには抗酸化作用の強いポリフェノールが含まれているだけでなく、ワインのポリフェノールよりも体内での吸収性がよいのです。

ポリフェノールは脳を活性化させたり、血管を若返らせたり、骨を強くしたりする効果を持っていて、認知症、動脈硬化、骨粗しょう症の予防になりうると多くの研究で確認されています。
そういう意味で、ビールは健康にイイお酒だと言えるのです。

最強のおつまみ『枝豆』

ビール

ビールの最強のオツマミは「枝豆」です。

“畑の肉”ともいわれる枝豆は、高タンパクでビタミンBとC、葉酸などのビタミン類や、カルシウム、鉄分、亜鉛、カリウムなどのミネラル類、食物繊維などが豊富に含まれています。

また、大豆には含まれていない抗酸化作用のあるβカロテンの含有量も多いのです。
この枝豆に含まれるビタミンBとCでアルコールの分解を促し、カリウムは取りすぎた塩分や水分を体の外に出してくれます。

体に必要なアミノ酸をすべてとれる枝豆は肝臓も守ってくれますし、ビールを飲むときに不足しがちな栄養素を補える優れものなんです。

ビール効果

ビール

ビールなら、長生きのための適量は1日あたり大ジョッキ1杯(633ml)です。ビール大国であるアメリカの保健科学協議会が、各国の医療関係者が発表した研究報告をまとめて分析したところ、1日にビール350mlを2〜3缶程度の飲酒をする人がもっとも心臓血管疾患のリスクが低いと出たそうです。

ビールのいい効果まとめ
・心筋梗塞や狭心症などの発病が減る
・動脈硬化や心臓発作を予防してくれる
・糖尿病のリスクを減らしてくれる
・ビールの利尿作用が結石を押し出してくれる
・虚血性心疾患のリスクを減らしてくれる
・発がんプロセスの抑制作用
・骨がもろくなるのを防いでくれる
・女性特有の悩み、肌荒れや冷え性を改善してくれる
・便秘解消の効果も
・疲労回復や美容効果も

どの効果も各機関の研究や論文などで発表されていたり、医師が認めています。適量さえ守れば、健康のためにビールを推奨する専門家もいるくらいです。

最後に

健康

いい効果ばかりではない!!!
いくらビールに健康効果があるといっても、度を超えた飲み方では、体に害を与えます。

体内に吸収されたアルコールは、個人差はあるもののだいたい体重1kg当たり0.15g/時間の速度で消えていくといわれています。これで計算すると、体重60kgの人なら、1時間に9g。350mlの缶ビール1本を約90分かけて飲めば、酔わないということです。

でも、このペースで飲んでもビールが美味しいわけではありません。これはあくまでも計算上のことであって、その日の体調や個人差があります。

いかがでしたか?
ビールって体に良いことが多いのです。
飲み過ぎには注意が必要ですね。。。

ビールが飲み多すぎてビールについて研究した記事となりました。
ダイエット中はもちろんダメです、、、


高円寺パーソナルジム
TRAINER’S GYM高円寺店
トレーナー 古林修

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修

記事の担当者:古林修

パーソナルトレーナー高円寺,パーソナルジム高円寺,ジム高円寺,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,古林修