お酒とラーメンの関係(江古田パーソナルジム監修)

お酒とラーメンの関係

なぜラーメンが食べたくなるのか


お酒

お酒を飲むと肝臓では食事から摂取した糖を分解するよりも

先にお酒に含まれるアルコールを分解する方が優先されてしまいます

そのため、血糖値が下がまだ何か食べたい感じるようになります

また、糖は肝臓でアルコールが分解される際にエネルギーとして消費されます。これにより不足した糖(炭水化物)を体が欲するというわけです。

また、お酒を飲むと普段よりトイレに行く回数が増えますが、これはアルコールに利尿作用があるためです。

尿には水分はもちろん塩分が含まれており、こうした理由から体が塩分などをします。そのためそれらを多く含むラーメンが食べたくなるのです。 


なぜラーメンは太るのか


ラーメン

1.糖質量

一般的な醤油ラーメンは500-600kcal前後、油が多めのとんこつラーメンでも700-800kcal前後なので、1食分のカロリーとしてはそこまで高カロリーではありません。

ですが、気をつけなければいけないのが糖質(炭水化物)量です。 白米1膳でおよそ55.7gの糖質量に対して、ラーメンは糖質である麺がメインであることによりおよそ69.7gと高糖質です。

糖質を摂取すると血糖値が上がってインスリンが分泌され、糖をエネルギーとして送る一方で、使われなかった糖は中性脂肪になってしまいます。 

2.塩分の取りすぎ

ラーメンを食べた後や翌日にむくんだ経験はありませんか?これは塩分の多いラーメンのスープの仕業なのです。

塩分を摂り過ぎた時、体は過剰に摂取した塩分を薄めようと水分を貯めこむ「水太り」という状態になります。

一般的なラーメンには約6g〜9gの塩分が含まれていて、1杯で日本人の1日の塩分摂取目標値の半分以上を摂取してしまうことになります。

増えた体重の正体は水分なので、しばらくすると多くの場合体重は元に戻ります。ただし、代謝が悪くなっていると余分な水分を排出できず、むくみが慢性化してしまうこともあります。 

3.よく噛まない

ラーメンはすすって食べるのが当たり前ですが、そうすると咀嚼する回数が減り、早食いになりがちです。

そして早食いになってしまうことで、血糖値は急上昇します。

上昇した血糖値を抑えるためにインスリンが大量に分泌され、過剰に分泌され過ぎると肥満にもなってしまいます。 

食べてしまったら

野菜

ラーメンの糖質による悪影響をおさえるために、炒め野菜や多めのねぎなどをトッピングしたり、更に野菜料理を添えたりすることもひとつの手です

更には前後の食事は和食中心にしたり、野菜多めを心がけ、

ファストフードやフライなどの揚げ物といった脂質を控えることや、味の濃いものを避けるなどして、塩分の少ない食事を心がけることも大事です。 


まとめ

筋肉

人は摂取した糖を変換しエネルギーとして消費します。そして余った糖は脂肪となります。

逆を言えば余らなければ脂肪にはならないのです。

筋肉があれば基礎代謝のアップが見込めます。この基礎代謝が高ければ高いほどエネルギー消費はいいのです。

そこで、筋肉を鍛えることも太らないための方法のひとつです。 

パーソナルトレーナー江古田,パーソナルジム江古田,ジム江古田,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,白井達也

記事の担当者:白井達也

パーソナルトレーナー江古田,パーソナルジム江古田,ジム江古田,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,白井達也