『健康にも良い?阿波おどりで使う筋肉を鍛えよう!』

『夏の風物詩 阿波おどりで使う筋肉は?』

夏の風物詩の一つである「阿波おどり」。

400年以上の歴史を持ち、日本三大盆踊りに数えられます。

「阿波おどり」は徳島県発祥ですが、『Trainer’s gym高円寺店』があるここ東京都高円寺でも毎年大会が開催され、東日本最大の「阿波おどり」大会になっております。

2020年夏の大会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、残念ながら中止となりましたが、また開催された時に楽しめるよう、「阿波おどり」について書きたいと思います。

「阿波おどり」で使う筋肉を今のうちに鍛えておきましょう!

 

■阿波おどりとは?

 

阿波おどりは、400年以上の歴史を持つ、日本三大盆踊りの一つです。

連(踊りのグループ)ごとにデザインの異なる華やかな衣装を身にまとい、女性は笠を、男性は手ぬぐいを頭に被り、鉦(かね)・三味線・笛・太鼓といった鳴り物による演奏に合わせて踊ります。

阿波おどりの踊り方には、「男踊り」と「女踊り」があります。

●男踊り
足は肩幅ぐらいに広げ、腰を落とし、上体はやや前傾。
手のひらが向き合う角度で両手を上げる。
左足に重心をかけた状態から、右足のつま先を前に出す。
右足と同時に右手も出す。
次は左で、左右繰り返す。

●女踊り
つま先立ちで、膝を軽く曲げ、上体はやや前傾。
両手を肩幅に上げ、手のひらが向き合うように構える。
左足に重心をかけ、右足を後ろに蹴り上げてつま先から前に出す。
同時に右手も前に出す。
次は左で、左右繰り返す。

 

■男踊りで使う筋肉とトレーニング


阿波おどりで使う筋肉とトレーニング1

 

男踊りは、中腰の姿勢で手足を動かす為、太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」やお尻の筋肉「大殿筋」を使います。

お勧めのトレーニングは「スクワット」です。

自重で慣れてきましたら、ダンベルやバーベルを担いでやることで負荷をかけられます。

 

■女踊りで使う筋肉とトレーニング


阿波おどりで使う筋肉とトレーニング2

 

女踊りは、膝を引き上げる動作をする為、上半身と下半身をつなぐ筋肉である「腸腰筋」を使います。

また、腕を肩から上に垂直に伸ばし、上げっ放しで踊りますので、背中の筋肉「僧帽筋」を使います。

お勧めのトレーニングは、「レッグレイズ」と「アップライトロー」です。

 

■『夏の風物詩 阿波おどりで使う筋肉は?』のまとめ

 

今回は、阿波おどりで使う筋肉とトレーニングについてご紹介させていただきました。

阿波おどりは、下半身も上半身もしっかり使うので、とても良いエクササイズになると思います。

ご紹介したトレーニング以外にもトレーニングは沢山あります。

ずっと同じトレーニングをしていると停滞してしまいますので、器具を使ったりして他の刺激を入れると良いです。

ちょっと難しいなと感じましたら、是非パーソナルトレーニングを活用していただければと思います。

正しい方法で食事管理と筋肉トレーニングをすることで、一生太らない体を手に入れるのも夢ではありません。

無料体験、無料カウンセリング、受付中です。

清水」ご指名大歓迎です!

 

パーソナルトレーナー江古田,パーソナルジム江古田,ジム江古田,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,清水優美恵

記事の担当者:清水優美恵

パーソナルトレーナー江古田,パーソナルジム江古田,ジム江古田,パーソナルトレーナー資格,パーソナルトレーナースクール,清水優美恵

『睡眠不足だと筋トレの効果が台無しに?』

『睡眠不足だと筋トレの効果が台無しに?』の記事はこちら。暑くて寝不足?要注意です。睡眠不足と筋肉の成長の関係について書いています。


『筋トレの種類と特徴(自宅トレーニングとジムトレーニング)』

『筋トレの種類と特徴(自宅トレーニングとジムトレーニング)』の記事はこちら。自重トレーニングやマシントレーニングなどのメリット・デメリットを紹介しています!


『夏のみならず、ダイエットにも水分補給は大事!!』

『夏のみならず、ダイエットにも水分補給は大事!!』の記事はこちら。熱中症対策はもちろん、ダイエットにも水分の摂取が大切です。